CATEGORY /
ラジオ

20167/30

元落語家がやってきた!!#soraxniwa #スパローズ

スパローズが自由にお届けする60分「スパローズの原宿神宮前芸人」。今回も、スパローズのフリートーク、リスナーのみなさんのコーナー、時事ネタのコーナー、お悩み芸人さんのコーナーをお届けしました!

2016年7月30日 番組後記

スパローズが自由にお届けする60分「スパローズの原宿神宮前芸人」。今回も、スパローズのフリートーク、リスナーのみなさんのコーナー、時事ネタのコーナー、お悩み芸人さんのコーナーをお届けしました!
 

空き時間、何してた?

放送の前のお仕事は俳優・片岡信和さんの誕生会の司会。14時30分に終わってから放送までの時間、大和さんは、携帯ショップに行き、2台持ちだった携帯を1台解約したり、マンガ喫茶に行ったりしていたそう。森田さんは、作家さんと映画『帰ってきたヒトラー』を見たり、渋谷ヒカリエへ行ったりしていたそうです。
 

コーナー「スパローズのお悩み相談室」

芸歴が20年を越えたスパローズ。だいたいの悩みなら解決できるはず!ということで、コーナーをスタート!第17回の相談者は「百楽門」さんです。


 
「百楽門」略歴

「百楽門」は、なかざわさんと松下さんのコンビ。芸歴は5年。コンビを組んで3年。浅井企画に所属して1年になります。もともとワタナベコメディスクールの出身で、卒業後、なかざわさんは、ワタナベエンターテイメントに所属していたこともあるそうです。松下さんは、落語協会に所属。師匠は三遊亭白鳥さんだったそうです。
 

スパローズの解散騒動のとき、大和さんは落語家になろうとしていたので『落語』という職業にはやたら食いつくスパローズ。「着物をたたむだけで3万もらえるって聞いたんだけど?」「それはうそです」というやりとりもありました。
 

従兄弟弟子が嫌いで1年たたずに落語の世界を辞めた松下さん。一方、コンビを解散したなかざわさんは落語家になろうとして、松下さんに落語のことを聞いたそう。このことをきっかけにコンビを組むことになったそうです。
 

コンビ名の由来は日本酒の名前。酒屋さんでアルバイトをしている松下さんがつけました。


「百楽門」のお悩み

「コンビでケンカっぽいケンカをしたことがないんです」

コンビを組んで3年。言い合ったり、殴りあったり、というぶつかりあいがないままきたという百楽門。この際だから、と話を聞いてみると、ネタを書いているなかざわさんががぜん有利な展開に。

「言いたいことをいいながらやっていけばいいんじゃないかな?」というちゃんとしたアドバイスの後、松下さんには、「今はうしろめたいかもしれないけど、売れなかったらネタを書いている人のせいにもできるよ」「最悪、また落語に戻ればいいよ」というアドバイスもしていました。


 

ソラトニワステーション情報

主催
スパローズの原宿神宮前芸人
URL
http://www.soraxniwa.com/tickets/e861246f

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事