CATEGORY /
ラジオ

20169/18

AVと権利 #小室友里の夜サプリ #soraxniwa

元トップAV女優、現在はさまざまな恋愛や性のお悩みを解決する“ラブヘルスカウンセラー”として活動している小室友里がお届けする60分。今回はゲストに一般社団法人表現者ネットワーク「AVAN」代表 川奈まり子さんをお迎えしました。

2016年9月18日 番組後記

今回は、フリートーク、恋愛や性のお悩みの解決のお手伝い『お悩みサプリ』、ゲストをお迎えするコーナー『サプリなお客様』をお届けしました!
 

先週ゲストに来てくださった「坂本鈴」さんが主催している「劇団だるめしあん」15周年記念公演『魔法処女えるざ(30)』を観劇&アフタートークに参加してきた小室さん。とても楽しい舞台だったそうです。
 

また、地元へ帰ってお囃子の練習に参加してきた小室さん。知られざる特技は、お囃子、笛、獅子舞なのだそう。そして、この番組の知られざるリスナーさんは、その練習で会った20代の後輩の方!たまに聴いてくださっているそうです。
 

サプリなお客様「一般社団法人表現者ネットワーク「AVAN」代表 川奈まり子」さん


女子美術短期大学卒業後、出版社デザイン室勤務。フリーライターを経て31歳でAV女優デビュー。2004年にAVを引退。山村正夫記念小説講座で小説を学び、2011年、長編官能小説『義母の艶香』(双葉文庫)で小説家デビュー。以降、官能小説、ホラー小説、怪談実話のジャンルで活躍。著書多数。
 

現在は、「しらべぇ」で怪談実話の連載のほか、一般社団法人表現者ネットワーク「AVAN」を設立。AV出演者などの権利を確立する活動をされています。


最近、話題になっているAV出演強要。国際人権NGOヒューマンライツ・ナウが国連へ提出した報告書に関して思ったことを川奈さんはFacebookに書いたそうです。すると、反響が大きく、その責任をとるかたちで一般社団法人表現者ネットワーク「AVAN」をはじめたそうです。
 

「AVAN」は、上から目線の“人権を守ります”というわけではなく、横に手をつないでいくイメージ。出演者、クリエイター、プロダクション、メーカー、みんなの声を束ねて意見を発信していくお手伝いをしています。
 

権利に関しては、過去の判例も含め、いろいろな解釈があります。そこで、統一した書式の契約書を整備しようと思ったそう。早速作って、いくつかのプロダクションに見てもらっているそうです。
 

今は協力してくれるプロダクションも増えてきましたが、最初はアウェイ。プロダクションやメーカーから煙たがられるどころの騒ぎではなく困難な状況でしたが、だんだん、賛同、協力、後押しをしてくださるところが増えてきているそうです。
 

権利といえば、出演だけではありません。職業差別があるのも事実です。アパートが借りられない、アルバイト先でセクハラにあう、家族から理解されず家を追い出される、などがその例。このようなケースもケアできるようにしていこうと思っているそうです。
 

お知らせ

9月いっぱいで『小室友里の夜サプリ☆』終了することになりました。次回が最終回です。お聞き逃しなく!


 

主催
小室友里の夜サプリ
URL
http://www.soraxniwa.com/radio/4e31f2814c1f

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事