CATEGORY /
旅行・生活

20155/11

花は資源、環境へ貢献する花の再資源化プロジェクトで人生に彩りを。

花の再資源化プロジェクト、Flower Ring(フラワーリング)をご紹介。捨てられる花を無くしてエコな生活を。花を再資源化した紙でソラトニワ編集長の名刺を作りました。

ソラトニワで取り上げているたくさんのイベント以外にも、人生にはたくさんのイベントがあります。

人生に彩りを与えるプロポーズや結婚式、誕生日、クリスマス、卒業式。。。
そんな時、大切な人に大切な贈り物をする機会もあるかと思います。

昨日は母の日でした。
母の日と言えばカーネーション、贈った人も多いでしょうか。


しかし、贈られる花がある一方、捨てられてしまう花もあります。
今日はそこに注目したプロジェクトをご紹介します。

Flower Ring -花の再資源化Project-

 

このプロジェクトでは、これまで花の物流段階にてお花屋さんでやむを得ず捨てられてしまっていた花を 『資源花』と考え、その活用方法を検討し環境への貢献を図るとともに、「花=資源」という新しい概念のもと花の命の大切さを広く発信しています。

 

「花×人×環境」

そして、Flower Ring -花の再資源化Project-では、花を再資源化した紙を作成し、環境活動に取り組まれている企業や、花や環境、自然を大切にしたい人に、エコ名刺(ECO名刺)やエコはがき(ECOはがき)を活用していただいているとのこと。

花の再資源化活動から始まる、素晴らしいが輪が広がりますように

このサービスを運営するフローランガーデン株式会社は色々なサービスで「花と緑でエコを想う」提案をし、イベントに文字通り花を添えています。

・アレンジメント、花束、スタンドタイプに胡蝶蘭、観葉植物まで提案するギフトフラワー。
結婚式のドレスや会場の雰囲気に合わせブーケやブートニア、ヘッドピース、トスブーケやをご用意する、ブライダル。
大切な人の誕生日や記念日をしっかりシステムで管理、記念日管理フラワー。
イベントのディスプレイ、エントランス、モデルルーム等のフラワー装飾
注目される終活やおみおくりにも、自分らしい花で飾る花祭壇。
企業のエントランスやオフィス、レンタルまでグリーン装飾。


フローランガーデン社と共にプロジェクトを推進するのは、日比谷花壇グループのフレネットHIBIYA
また、ハートツリー株式会社、華道家の假屋崎省吾氏、男子から女子への花贈り文化を創造するフラワーギフトストーリーなど、たくさんの方の協力を経て活動しています。


僕も、花見、スポーツやバーベキュー、紅葉狩りにスノボと一年を通じて自然を感じる趣味を持っているので、エコは少し意識しているつもりです。

でもエコって強く意識しなくても、自分にできる事から少しずつ無駄は減らして地球にいい事が出来れば、次の世代にも四季を楽しめる日本を残せたら、なんて思いました。

というわけでソラトニワのメディア用名刺を、再資源で作ってみました。

 

この100枚の名刺で5本の花が再資源化できました!

 

ソラトニワのメディアとしてお会いした方にはドシドシお渡しいたし&ご説明致しますのでよろしくお願い致します。

 

Flower Ring -花の再資源化Project-

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このライターの新着記事