CATEGORY /
映画

20161/23

映画館スタッフがオススメ! 2016年初春公開の注目映画3作品

映画館で働くスタッフが今こそ観て欲しい映画を紹介。韓国社会はサスペンスの「殺されたミンジュ」「俳優 亀岡拓次」、重松清原作で日本のいじめ問題に切り込んだ「十字架」、あの安田顕が最強の脇役に挑戦「俳優 亀岡拓次」の3作品です。  

ソラトニワ梅田とシネ・リーブル梅田がおすすめ映画を紹介するぶらっとシアター

近日公開予定のおすすめ映画3作品をご紹介。今回は「殺されたミンジュ」「十字架」「俳優 亀岡拓次」の3作品です。

映画館で働き毎日のように映画に触れている劇場スタッフ目線で、「ここを観て欲しい!」というポイントも合わせてご紹介します。

 

奇才キム・ギドク監督の最新作「殺されたミンジュ」

5月のある夜、女子高生ミンジュが何者かに殺された。彼女の死はメディアには公表されず事件は闇に葬り去られてしまう。

それから一年後、事件に関わった一人の男が謎の武装集団に誘拐される。集団は男を拷問し自白を強要。

ミンジュ殺害に関わった男の証言により事件に隠された闇が徐々に浮かび上がっていきます。

映画を通して韓国社会を風刺的に描く社会派サスペンスを、奇才キム・ギドク監督が見事に表現しました。

(詳しくは動画で)

©2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

 

殺されたミンジュの口コミ(Filmarks)

 

いじめを苦にして亡くなった少年の残した物は....「十字架」

いじめが原因で自らの命をたった少年、藤井俊介。

彼の死によって友達そして両親が背負わされた「十字架」の重みを20年の年月にわたり描いていきます。

2010年吉川英治文学賞受賞作品、重松清原作の「十字架」がついに映画化。

藤井の同級生を演じたメインキャストの小出恵介、木村文乃の演技にも注目です。

「十字架」は2月6日からシネ・リーブル梅田ほか全国ロードショー

(詳しくは動画で)

©重松清/講談社 ©2015「十字架」製作委員会

十字架の口コミ(Filmarks)

 

最強の脇役登場!!「俳優 亀岡拓次」

どんな役でも見事に演じ、監督や関係者の評判も高い。そしてどこかで見覚えがある役者。そんな最強の脇役を安田顕が演じます。 

今最も公演チケットが取りづらいと言われる人気演劇ユニット"TEAM NACS" のメンバーで、テレビに舞台に活躍する彼がついに映画の主役に。

マドンナ役の麻生久美子や、その他にも新井浩二、染谷俊一、杉田かおる、山崎努など豪華なキャストが次々と登場。

笑って心温まる奇想天外のエンターティメントをお楽しみください。

(動画でもっと詳しく)

(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会

俳優 亀岡拓次の口コミ(Filmarks)

 

いかがでしょうか?

どの作品も目の肥えた映画館スタッフならではの推し映画です、ちょっと空いた時間にぶらっと映画館に行ってみては。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このライターの新着記事