CATEGORY /
イベント

201712/19

SCRAPから新宿にリアル脱出ゲーム体験施設「東京ミステリーサーカス」が誕生。

東京の新宿でリアル脱出ゲームを体験できる「東京ミステリーサーカス」が2017年12月に誕生する。過去の名作や新作の謎解き、脱出ゲームが地下1階から地上4階の5フロア、1650平方メートルの国内最大級の施設で体験できます。

2017年12月19日(火)、東京、新宿に国内最大級のリアル脱出ゲームのフラッグシップ施設が誕生する。

 

東京ミステリーサーカス

謎解きエンターテインメントのフラッグシップとなる国内最大級の施設

常設となるこの施設は、延べ床面積が約500坪(約1,650㎡)に及び、地下1階、地上4階の全5フロア構成される。「リアル脱出ゲーム」で過去人気だったコンテンツをリバイバルで体験できるだけでなく、新コンテンツも展開される予定だ。

SCRAPが展開するこの施設は、夜の街のイメージがある新宿・歌舞伎町を”エンターテインメント都市”として国内外問わず誰もが楽しめる街にする事も目指している。

 

今後の公演コンテンツ

全5フロアの施設内では常時8種類以上のリアル脱出ゲームの体験ができる。過去の脱出ゲームに参加できなかった方はもちろん楽しみにして待ちたいが、オープンに伴う新コンテンツにも期待したい。

東京ミステリーサーカス

施設内は恋人、友人や家族、同僚など誰とでも楽しめるような空間になり、一日中楽しめるよう謎解きゲーム以外にも”謎”に持ちたカフェやグッズ販売コーナーも設置する予定。

またインバウンド向けに英語対応も予定されている。

 

巨大トリックアート

現在は12月19日のオープンに向け、9月21日から告知を兼ねた巨大トリックアートの展示(期間限定)を新宿のシネシティ広場にて行っている。

新宿シネシティ広場のトリックアート

これは壁面に施したものとしては日本最大規模のトリックアートで、全2種類で合計100㎡以上にもなる。3~4階部分にはサーカストレーラーが描かれるが、1階部分には中に入り込めそうな巨大絵本の世界が描かれる。

新宿のトリックアート

また、この期間中は施設1階アートエリアを解放しアートに触れて写真撮影も可能となっている。

 

誰でもスパイ体験!日本初のリアル”スパイ体験”できるアトラクション施設が東京の新宿に誕生

 

東京ミステリーサーカス概要

■施設名 :TOKYO MYSTERY CIRCUS(東京ミステリーサーカス、略称:TMC)

■施設面積:約1,650 ㎡

■所在地 :〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 APM ビル

 (JR 新宿駅東口 徒歩 7 分 / 西武新宿駅 徒歩 2 分)

■料金 :後日公開

■ご利用方法 :チケット制 ※2017 年11 月11 日(土)正午より一般販売開始

■オープン予定日 :2017 年12 月19 日(火)

■営業日・営業時間 :後日公開

■公式ホームページ :https://mysterycircus.jp

■公式Twitter アカウント :@T_MysteryCircus

 

 

SCRAP とは

いまや謎解きゲーム・イベントは一大ブームとなり、世界中で数千もの専用施設があります。2008 年設立のSCRAP は、謎解きゲーム・イベントブームの先駆けとなり、全世界で参加者を興奮の渦に巻き込む「リアル脱出ゲーム」など数々の参加型謎解きゲーム・イベントを展開してきました。

2017 年9 月現在、全国17 店舗、さらに海外2 ヶ国7 店舗で展開しています。これからも、世界中の人々にドキドキとワクワクを届け続けます。

URL http://www.scrapmagazine.com/

リアル脱出ゲームとは

2004 年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」です。そのフォーマットをそのままに現実世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1 室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されています。07 年に初開催して以降、現在までで累計360 万人以上を動員しています。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテインメントです。

※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAP の登録商標です。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このライターの新着記事