WRITER /
マイマイ
CATEGORY /
ラジオ

20148/1

【ブログ-銀座】お土産を我慢出来ずパクっ

地元博多へのお土産を購入したにもかかわらず、我慢できずガブリする食育子さんのお送りした8月1日の『GOHANにせん?』。

【今旬!】

本日紹介した旬な食材はゴーヤ

実はゴーヤがちょっと苦手な食育子さん。甘酢を入れると苦さが軽減するというアドバイスもありました。現在はハウスものも出回っていますので1年中食べることができるようになりましたね。

豊富なビタミンC

ゴーヤの特徴といえば風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるビタミンCを76mgも含んでいるという事です。キュウリの14mgやトマトの15mgに対して5倍以上、キウイでさえ69mgですから、ゴーヤに含まれる量がいかに多いかが分かりますね。また、通常加熱すると壊れやすいビタミンCですが、ゴーヤは炒めても壊れにくいようです。

●独特の苦味成分「モモルデシン」

ゴーヤを食べると独特の苦味を感じますね。あの苦味成分は「モモルデシン」という成分で、これがとても身体に良いようです。まずは、胃腸の粘膜を保護したり食欲を増進したりする効果があるそうです。また、神経に働きかけて、気持ちをシャキッとさせる効果もあると言われています。まさに暑さでダレてしまいがちな時にもってこいの野菜ですね。

●油との相性が非常に良い

夏バテしやすい時期に栄養をとるには非常に適した食材と言えます。

美味しいゴーヤの選び方

・ふっくらして、あまり大きくないもの

・ツヤが有り、色が濃いものが新しい

・イボイボが大きく色が薄いものはあまり苦くない

料理方法

チャンプルー、天ぷら、フリッター、和え物、酢の物、カレー・・・

そして塩昆布あえも簡単だとか。余ったら、ジュースに入れてもよさそうですね。

(ショートヘアにしました♡)

【体質改善:健康宣言】

本日のテーマは・・・「夏の冷え性改善!」

暑い夏ですが、室内は冷房ガンガンで、冷たい飲み物にアイス。そして気付けば、手足がひんやり・・・そんなことありませんか?

室温28度など緩めで設定されている施設が増えたとは言え、まだ寒いところは寒いですよね!

「夏なのに冷えてつらい」今日はそんな方の為に、夏の冷え性改善メニューをご紹介!

★摂りすぎていませんか?

・冷たい飲み物

・アイス

・冷たい食べ物

・トマト、レタスなど夏の生野菜

★ポイントは「胃腸の気持ちを思いやる」こと!

・飲み物は「ぬるいもの」「常温」のものを(今は氷なしを提供するお店も増えてます)

・野菜ばかりに偏らず、体を温めてくれるタンパク質もしっかり

・食物繊維を多く含む食品

・冷房なしで、スパイスのきいたカレーを

体温も調整して、夏を乗り切りましょう!!

ソラトニワステーション情報

URL
http://www.soraxniwa.com/
メールアドレス
[javascript protected email address]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0