WRITER /
マイマイ
CATEGORY /
ラジオ

20141/31

【ブログ-銀座】うちのコーヒーは“ピチピチのフルーティーな女の子”です!

屋上って気持ちいい~と感じられる晴天になりましたね!

食育子さんは管理栄養士なのに、ラーメン、焼肉、焼き鳥・・・食べ歩きが大好き(笑)

外食続きで身体がたるみ、疲れやすく、気分も落ち込みやすくなっていたのですが、最近自炊を続けていると、やる気がメラメラ燃えてきたんです!

以前は夕方になるとどっと疲れていたのが、「よっしゃ~まだまだこれからだー!!!」どんだけ元気になっちゃったんでしょう!?

今回はお客様をお招きしました。「SWITCH COFFEE TOKYO」バリスタの竹日渉さんです!

竹日さんは、食育子さんが講師をしている東京ベルエポック製菓調理専門学校の講師仲間。

「SWITCH COFFEE TOKYO」の店内には大きな焙煎機があり、煎りたての新鮮なコーヒーを提供しています。

焙煎機を置いた理由は、新鮮なコーヒーを淹れることが出来るのはもちろん、焙煎方法によって味が変わるからだそうです。

いい豆は味に透明感がありスッキリしているそうで、「産地と直接取引きされた、品質の良い生豆しか使っていません。」という竹日さん。

食育子さんもお店主催の教室に参加し、温度、粒揃いなどの勉強をしたことがあるのだとか。

竹日さんのオススメは、浅煎りで、ケニアとかエチオピアなどの、柑橘を思わせるジューシーな酸味があるコーヒー

酸味が苦手な人も「SWITCH COFFEE TOKYO」のは美味しいと言う人が多いそうですよ!

冷めても美味しいのは、適切な焙煎をされた証拠なんですって。

スタジオにコーヒーを持って来てくださいました!

グアテマラのエルソコロ農園のコーヒーをフレンチプレス式で淹れたということで・・・さっそくお味見♪

実はコーヒーが苦手な食育子さんの感想は?

「コーヒーの“苦い”“どっしり”というイメージと違い、青リンゴっぽい酸味が感じられます♪バランスがよくて、透明感があり、スッキリしていますね!コーヒーって“果物”なんだな~

コーヒーといえば“年季の入ったおじさん”というイメージだったけど、竹日さんのは“ピチピチのフルーティーな女の子”ですよ!」

ちなみにフレンチプレスとは、紅茶を淹れる器具で淹れたものだそうです。金属の網で漉すので、コーヒーの油も入り、コーヒーの全てを味わえるのだとか!お湯を注ぎ、4分たったら漉すだけなので、家庭でも簡単にできそうですね。

ところで、昨年11月に挽いた豆をまだ飲み切っていない食育子さん・・・酸化しているかも知れませんよ!コーヒーは早めに飲み切りましょうね~。

目黒区の住宅街にある、ターコイズブルーの壁がオシャレなカフェ「SWITCH COFFEE TOKYO」。

テイクアウトもやっているので、わんちゃんの散歩途中に立ち寄ってみるのも良さそうですね。

http://www.switchcoffeetokyo.com/

【まだ間に合う!今晩のおかず~5分簡単クッキング】

■本日のレシピは「おからのスパイシーナゲット」

<材料>おから100g  卵1個  牛乳30cc  片栗粉大4  タマネギ半分(みじん切り)  ガラムマサラ少々(味噌や醤油に変えても)  塩コショウ少々  鶏ガラ顆粒ダシの素少々

①すべての材料を手でこね、小判型に丸める。

②180度の油でカラッと揚げ、油切りをして完成!

※温度が低いと溶けてしまうので注意。

※油の量が少ないと火が中まで通りにくく、分離しやすいので注意。

中はモチモチ&外はカリッとしたこのナゲットは、ヘルシーで簡単!

出来上がったものを小分けにして冷凍すれば、朝にチンしてお弁当のおかずにもなりますよ。

チーズを入れたりしても美味しそう♪

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0