CATEGORY /
ラジオ

20139/20

【ブログ-銀座】茨城マルシェ取材日記&今が旬の ごま をピックアップ☆

番組前日が中秋の名月だったので、お月見を楽しんだ食育子さん。

今日もランチから楽しみます!

茨城マルシェ」へ行ってきたのですが… 店内に入るとサラダバーに納豆バーが。

もちろん食べ放題。皮がついた新鮮野菜、ジャガイモやサツマイモのスティックや海藻etc

納豆はひきわりと小粒が一口サイズの器に~ そこに自身の好きなソースで楽しむようになっているようで、梅・チーズ・にんにく味噌・大葉などのソースもずらり。

食育子さんの目の前にはあっという間に器の山が…(汗)

食育子さん ジャガイモの美味しさに感動したようです。

納豆用のにんにく味噌をつけても美味しいことを発見!(もちろんおかわりです)

九州では、甘目な味付けが多いのですが、今回の茨城マルシェは関東の味付けだな、と感じたそうですよ。

ごはんに合う味付け、そりゃおかわりしちゃいますね~(^_-)-☆

食後はアンテナショップめぐりも。

大阪や博多や北海道…。北海道のアンテナショップでは、四葉バターを購入です。

さて今日の 今旬では ごま を紹介!

ごまに旬ってあるの?? 

日本の国産ごまはかつては北海道を除く全国各地で生産されていましたが、1tのごまを生産するには甲子園2個分の広さの畑が必要で… 現在は9割を輸入に頼っているのが現状なのです。

ごまの栄養素は ゴマリグナン

アンチエイジング、コレステロール低下、肝機能アップなどなどにも関わる抗酸化物質が含まれています。カルシウムは牛乳に11倍。鉄や食物繊維、ビタミンE・Dなど高ビタミン、高ミネラルが。

しかし、ここで注意!ごまはそのままの形よりすった方が◎

すりごまや練りごまで摂取したほうが良いのです。ちなみに黒ゴマのほうが栄養価は高いですよ。

「ごま豆腐」に作り方を伝授しましょーう!

材料:ねりごま40g、片栗粉40g、だし汁300ml、薄口醤油小1/2、みりん小1/2、大葉数枚

 ①ねりごま、片栗粉、だし汁を混ぜて鍋に入れて火にかける
 ②木べらで混ぜ、粘りが出てきてから1分ほどまた混ぜる、よく混ぜる
 ③バットに入れて30分ほど冷蔵庫へ
 ④醤油をかけ大葉で彩りを 完成~♪

コツはよく練ること!

他にもごまは、肉料理に+ 緑黄色野菜に+ 白菜に+ などなど。

ねりごまとハチミツを混ぜてバターの代わりに、ドレッシングに などなど。

「お酒を飲む人はごまをた~っぷり食べて肝臓を守りましょうね~」と食育子さんからです。

「珍食!発見記」では、鯨のコロを取り上げました。

マッコウクジラの皮で、それを揚げ、そして搾り乾燥させたものをコロというそう。

昔、関西ではおでんには欠かせない存在だったとか。

現在、保存用に乾燥した状態で売られていることが多く、鯨油を搾ったあとの残りカスであることから、

〝いりかす″と呼ばれることも。

おでんはもちろん、酢の物にもしてもいいとか… 皆さん想像できますか???

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0