WRITER /
KINGトシ
CATEGORY /
ラジオ

201310/25

【ブログ-銀座】食育子さん「アトリエとキッチンのマルシェ」出店決定~♪

昨日から体調不良の食育子さん…
スタッフからの厳しい叱責のもと、なんとか番組スタート(~_~;)
(だ、大丈夫か…?!)



そろそろ寒くなってきて“おでん”が気になる時期に。
コンビニおでん、皆さん好きですか?


定番ネタといえば、大根。野菜系のタネで低カロリー。

ちなみにセブンイレブンでは、年間5500万個も販売しているそうです。
しかし… 家庭で作ると煮崩れたりいびつになったりしてしまいますよね?
コンビニおでんの秘密を明かしてくれている「キレイゴト抜きの農業論」(久松達夫著)によると、家庭で使っている大根とは違う品種とのこと!俗に〝客待ち品種″と呼ばれるものが使われているそうです。煮崩れないこと・大きさ、断面が一定であること・青首とは違いどこも白いこと。
なるほど… そうだったのですね。


ちなみに、食育子さんの大好きなおでんタネ
→大根、牛すじ、こんにゃく、昆布、白滝、ロールキャベツ (食育子さん、多いでしょ…)



さて今日の今旬では、さつまいも をピックアップ♪

主な産地は鹿児島県、茨城県、千葉県など。
さつまいもはやせた土地でも栽培ができ、各地で起こる飢饉や凶作を救ってきた食材。
品種改良も進み、紅あずまや安納など様々な種類が現在流通しています。


旬は9月~11月。食物繊維やビタミンが豊富。
良い選び方は、皮の色つやが良く、表皮は凹凸がない、ひげ根のあとが小さいもの、ひげが堅くない、表皮の一部が黒いのは×、細いものも×
寒さに弱いので、新聞紙に包んで常温で保存。
水気と乾燥に注意して2週間ほどで使い切ってください、と食育子さん。
切ったらすぐに水につけて灰汁抜き。
ゆっくり加熱すると甘味が増すので、電子レンジよりも蒸し器やオーブンで時間をかけるのがおススメなそう。。。


「さつまいものポタージュ」を紹介です!
 材料:さつまいも1本 玉ねぎ1個 牛乳200cc 水400cc コンソメ 塩コショウ


  ①玉ねぎを炒める
  ②さつまいもを鍋に入れ、水を入れ煮込む
  ③火が通ったら牛乳を入れミキサーにかける
  ④コンソメ、塩コショウで味を整える    完成(#^.^#)

いかがでしょうか?

ほっこりさつまいもの甘さも感じられそうですよね~
ちなみに、沢山買って余りそうなときには…
スイートポテトやグラタンに使っても◎とのことですよ。
 


食育子さんの今後の予定ですが…

11月16日(土) 「アトリエとキッチンのマルシェ」に出店が決定となりました~


テーマは “なんでもない日の贈りもの”


誰かについ贈りたくなる素敵なものや、一緒に贈り物をつくるワークショップなども。

食育子さんは、「食育子のほっこりスープカフェ」を出店。

心も身体もあたたまるスープの贈り物をみなさんに楽しんでいただこうと思っています。

ぜひ皆さん足を運んでくださいね~


「アトリエとキッチンのマルシェ」→こちら
 

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0