WRITER /
マイマイ
CATEGORY /
ラジオ

20146/6

【ブログ-銀座】5分かからないパスタレシピ冷凍庫超活用術が掲載されました~

6月6日の『SXG Box~Food~』

食育子さんは『月刊TVガイド』7月号に、冷凍庫超活用術ということで「冷凍きのこパスタ」をご紹介しました!

5分もかけずにパスタが出来ちゃうレシピ。手作りすればキノコをたっぷり入れられ、コストもかかりませんよ♪

先日、北アフリカ料理を食べに行った食育子さん。ジャガイモを茹でてつぶしたサラダや、クスクス、春巻きが美味しかった♪中華の春巻きとは違い、ポテトサラダみたいなのを巻いて揚げてあったのが新鮮だったそう☆北アフリカ料理は日本人の口に合う美味しさですね。

ダイエットについては、晩ご飯を外食すると簡単に体重が増えちゃうので・・・翌日はセーブしてプラマイゼロ(笑)

でも、週3回の有酸素運動を始めました。

さらに、マラソン大会に出ると決定~~まずは5kmから!

【今旬!】

キヌサヤは脇役イメージ?

でも、あるとないでは色鮮やかさが全然違いますよね。

今日は主役にしちゃいましょう。

●斜めに三等分切ってゴマ醤油で和える

●斜め切りにしてベーコン、ジャガイモとソテーに。さらに粒マスタードと和えても。

●卵とじに

キヌサヤは、ビタミン類が他の豆類に比べて豊富。

食物繊維、βカロテンビタミンC、B1、B2、カルシウム、カリウムも多く含まれます。

このビタミンCは茹でてもなくなりにくいタイプなんですって。

冷凍しておけばお弁当の彩りに役立つキヌサヤ、ぜひ活用してください!

【食育子のワンポイント・セミナー】

■家庭でも病院食並のバランス食を作るコツ

和食の基本は「一汁三菜」。

①メインは生でも焼きでもソテーでも良いですが、揚げ以外に。60~80gが適量。

②付け合わせは30g程度の生野菜で水溶性のビタミンを(例えばミニトマト2個、レタス1枚など)

③冷たい小鉢50~70g:サラダ、お浸し、酢の物など。

④温かい小鉢50~80g:根菜類で食物繊維を。金平、煮物、ソテー、汁物など。

⇒小鉢には海藻、キノコ、豆を混ぜ込むとバランスアップ☆

■塩分を摂りすぎないために

サラダやおひたしは、塩分量が少なくても味が絡みやすいんですが、汁物・煮物には塩を多く使わないと全体に味がまわりません。なので汁物と煮物を合わせないメニューにしましょう。煮魚の付け合せはソテーにするとかで、バランスを取ってください♪

【初めての愛情弁当♡】

♡即席ささみカツ弁当

低脂肪高たんぱくでヘルシーなささみとは言え、朝から揚げ物なんて大変じゃないの?!

ということで、裏ワザをレクチャーします!

<材料>ささみ  塩コショウ  卵  パン粉  牛乳  小麦粉

①ささみの筋を取る。裏向けて包丁の背で引っ張るといいですよ。

②ぶつ切りにして塩コショウで味付け。

③小麦粉・卵・牛乳を混ぜたものを、ささみに付ける。

④パン粉をまぶす。

⑤多めの油で両面を揚げ焼きに。

焼き加減のポイントは、片面を焼く時にしばらく引っくり返さないこと!じっくり揚げてピンク色がなくなったら、裏返しましょう。

揚げている間に、もう一つのコンロでホウレンソウを茹でます。

「ささみカツ」「ホウレンソウのおひたし」「ミニトマト」「ご飯に黒ゴマと海苔」これでお弁当が完成!

ソラトニワステーション情報

URL
http://www.soraxniwa.com/
メールアドレス
[javascript protected email address]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0