CATEGORY /
ラジオ

20139/13

【ブログ-銀座】「睡眠と栄養」 質の良い睡眠のために…

さて今日は「食育子のワンポイントセミナー」からスタート。

今回は「睡眠と栄養」について…

最近、寝ても寝ても眠い… 寝ても疲れがとれない… 朝、食欲がない…

良質な睡眠が一番の薬なのです!

人間は、サーカディアリズムによって生きています。

25時間=夜更かしになりやすい性質。なので、朝の光でリセットして24時間周期に修正されるので… 夜更かしはNGです。

おススメは 23時~24時には睡眠、6時~7時には起床。

基礎代謝も朝から少しずつ上がり、14時にピークその後夕方から省エネモードに。

BMALU1というホルモン、レプチンというホルモン 睡眠と関係があるので、夜更かしは太るのです!!

だから、、、カロリーの数字ばかり気にしたって意味がない(笑)

 ▼夜は9時以降食べない(摂る場合はスープや雑炊など軽めに)

 ▼朝は起床後1時間以内に済ます

 ▼昼は13時までに済ます

出来る日だけでもやってみてください。身体が喜ぶばずですよ(^_-)-☆

出来ることから少しずつ、栄養を吸収しやすい身体を、疲れにくい身体を作っていきましょうね。

さて、今日の今旬 きのこ をピックアップ。

しめじ、えのき、しいたけ、まいたけ、エリンギ etc…

低カロリーでビタミン類が多いきのこ。

疲労回復にもよいB1や、成長期のお子さんや妊婦さんには大事なカルシウムの吸収を上げてくれる、ビタミンDも。

お肌再生のナイアシンやミネラル類も!

近年発見された食物繊維内の栄養素βグルカンですが、これは体内では吸収されないのですが、細胞免疫が働きだすスイッチとなる役割を持っていて… 

きのこの繊維には、こういったまだまだ無限の栄養素が含まれているのです!

ということで、今日は「きのこベース」のご紹介!

パスタやスープ、リゾットやピラフにも使える洋食屋さん風~

材料:しめじ1 えのき1 エリンギ1 ツナ缶1 しょうゆお好み オリーブオイル適量 鷹の爪1 ガーリック1かけ

 ①きのこは根元を切る。しめじは半分、えのきは3cmくらい、エリンギは短冊切。

  ツナ缶は油きり。ガーリックはスライス。


 ②フライパンにオリーブオイル、鷹の爪、ガーリックを火にかけ、

  きのこ・ツナ缶を入れ炒める。火が通ったら醤油で味付け。


 ③パスタにはそのまま使用、スープやピラフはコンソメ入れて整えてくださいね

冷蔵庫で5日間くらいはいけるので、お試しください。

ちなみに食育子さんのおススメきのこは… 栄養素的に一般に手に入るものではエリンギがおススメ。きのこの中でも食物繊維が最も多く、ダイエットにも! 

アワビタケはお鍋に、ヒラタケはガーリック醤油でソテーするのが最高とのこと。

これからの時期、楽しみですね。

さてさて、先週番組でお伝えをした「築地七日市」。

食育子さん行ってきたそう♪

イベントテーマは〝ごはんのお供″ 

ということで炊き立ておにぎりを持参して試食しまくり…(想像ができますね笑)

佃煮や漬物、キムチなど… 沢山食べて、しかも購入もしちゃったそう。

ホタテ貝柱のヒモやゆず風味あさりの佃煮、漬物ではシバ漬けやキュウリの漬物などなど、結局佃煮10品、

かつお節や海苔も買って「帰宅後はお茶漬けなど色々楽しみました!」と笑顔の報告が(笑)

楽しい時間を過ごしたようですよ。

2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催が決定し、築地は開催地のヘソとなっているのです。

これからもっともっと楽しめそうですよね~

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0