WRITER /
ひーちゃん
CATEGORY /
ラジオ

201412/12

【ブログ-銀座】県民は「信濃の国」を歌える!?

2014年10月26日にオープンしたばかりの長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO~しあわせ信州シェアスペース~」のオススメの商品は?そして、年内最後の“チバなし”!

今年の漢字が「税」だと発表された直後にお送りした『ANGFA presents ドクトル・コバの銀座の奥義』

今年の自分の一年の漢字は?という話題からスタート!

ドクトルは、メンズヘルスクリニック東京が丸の内に移転したので、「転」もしくは「新」

今年東京に出てきた佐藤千晶さんも「転」

物理的に転んでいるから、ではないそうです。

 

 

まずは、アシスタントからドクトルに質問する「教えて!ドクトル~!」

今回は“寒さの感じ方とエイジングの関係”について。

年を取ると、体型にもよりますが、寒さが身に沁みますよねとドクトル。

生姜などで体を温めましょうとのこと。

野菜ソムリエの佐藤さんがオススメなのはカボチャ。

肌のささくれなどは気になるようでボディクリームでしっかりとカバーしているそうです。

 

 

 

さて、今回の小粋なお客様は、銀座NAGANO~しあわせ信州シェアスペース~の所長 熊谷晃さん

“フェアではなくシェア”“伝えるだけでなく繋がる”“観光地ではなく関係地”をコンセプトに、信州のヒト・モノ・コトをトータルに発信する、銀座にオープンした長野県のアンテナショップ。

今年の10月26日にオープンしたばかりです。

 

人気商品をたくさん持ってきてくださいましたー!

 

まずは、りんご

ヘルシーで、毎日1個食べるというお客さんもいるそうです。

今年は特に寒暖の差が大きく、蜜が全体に回っていて甘いとのこと。

 

 

続いては、七味唐辛子 銀座NAGANO缶

日本の三大七味唐辛子と称される八幡屋礒五郎の七味唐辛子。

赤い缶に入っているのが有名ですが、銀座NAGANOでは銀座仕様の銀色バージョンを限定販売しています。

(↓の写真でドクトルが持っているものです)

 

 

そして、信州のソウルフード おやき

野沢菜を甘辛くしたものなどを具材に使い、蒸かしたり、焼いたり、揚げたりしたもの。

たくさんの種類の具材を食べられヘルシーなので、女性に大人気!

普通に食べるのはもちろんですが、スープに入れるのもオススメと熊谷さん。

新しい食べ方も発信していきたいとのこと。

 

 

信州は、全国で長寿1位!

それは食べ物が大きな要因だと熊谷さん。

野菜を多く摂る生活で、昭和40年から減塩活動が広まったからだそうです。

 

また、高齢者の就業率1位!

高齢になっても、山を登り働く元気な人が多いのだとか。

それが長寿にも繋がっていると熊谷さん。

 

そんな熊谷さんが1アンテナショップファンとして好きなのは富山県。

入り口で常にアクティブなイベントなどをしていて、お店に入りたくなるとのこと。

 

 

長野県のプロジェクトに色々と携わり、長野県をずっと見てきた熊谷さんの「長野県の奥義」“信濃の国”

県歌「信濃の国」というものがあり、団結力が強いとのこと。

自然の中で、自分で工夫して生きていく、独立するという強い意志があるのが長野県だそうです。

傍から見ると、ぶつかり合っているように見えるかもしれませんが、「信濃の国」で団結されているのだとか。

県民は皆歌えるそうです。

 

銀座NAGANO~しあわせ信州シェアスペース~について詳しくは→http://www.ginza-nagano.jp/

 

 

最後は“チバなし”

今年最後ということで、2014年を振り返り!

・親友のTBSアナウンサー 枡田絵理奈さんとルームシェアしたのが楽しかった(家賃は気持ち払った)

・当番組で絵心がないのがバレて佐藤画伯になった(友達とLineスタンプ化進行中?)

・来年は“チバなし”のネタがなくなるように頑張る

ということでした。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事