CATEGORY /
ラジオ

20157/14

【ブログ-銀座】ゴルファーにとってMRIのようなものです⁉

7月14日の「オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!」。メーカーさんいらっしゃ~い!今回は、モーションキャプチャーでスイングを丸裸にするGEARS GOLFディレクターのマイケル・ネフさんとオプティトラック・ジャパン株式会社CEOの佐藤眞平さん、Marketing director 森田優子さんをお迎えしました。

7月14日の「オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!」。PRGR RS CUP初戦に続いて第2戦に参戦してきたマークさん。こんな暑さの中でのプレーにも関わらずギリギリ予選通過しました!

 

「緊張を楽しんで欲しい!」

 

大会に出ることで、普段のラウンドとは違う体験ができるということなので、もう1ランク スコアをアップさせたいとお考えの方は、ぜひ試合に出るということも考えてみてください。

 

 

ゲスト

番組2度目の英語トーク!?GEARS GOLFディレクターのマイケル・ネフさんとテクニカルパートナー兼取扱代理店のオプティトラック・ジャパン株式会社CEOの佐藤眞平さん、Marketing director 森田優子さんの3名をお迎えしました。

 

 

 

 

「スイングもミクロで見たい!」というマークさんの願いを叶えた!?のがGEARS GOLFのモーションキャプチャー!ちなみに、モーションキャプチャーとは元々は映画やゲームでCGを動かすためのツールとして開発されたものですが、その技術をゴルフに応用したのがGEARS GOLFです。8台と、これまであったモノと比較すると少ないのカメラで撮影。さらに、動きを感知するためのマーカーも少なく、使用するためのスペースも手間も軽減されています。

 

「見たくない所まで見えてしまう。最近のパソコンなら軽く動作します」と佐藤さん。オンエアーの後に聞いた話だと、アナライズのスペースでも十分設置が可能なのだそうです。日本で設置をする場合は、オプティトラック・ジャパンが最初の条件は整えてくれるので、あとはスイッチを押せば撮影ができます。デジカメと違って見えない赤外線の光を感知するカメラなので、これまでは苦手だった屋外でも問題なく撮影できるようになったということです。

 

 

マークさんがかねてから話していて実践もしている“動画撮影”でも良いじゃないのか、と思う方もいるかもしれませんが、ネフさん曰くビデオとモーションキャプチャーは、レントゲンとMRIのような違いがあるということなので、まだ見えていない部分を知るには、モーションキャプチャーが欠かせなさそうです。

 

ここで、イアン・ポールターとマークさんのスイングを比較!!!マークさんのスイングを見て「かなり良いね!」とネフさんは話ますが、この状態でプレーし続けると腰を痛めますよとコメントして、実際に腰が悪いマークさんの状況をぴったりと当てます。これは、肩の角度と腰の角度が近いので痛めやすいのだとか。とは言え、「スイングだけ見ると30歳に見える!?」とのリップサービスも飛び出して、ご満悦のマークさん。

 

こんな指摘も、マークさんにように“違和感を楽しめる”人にはありがたいお話ですが、“違和感に居心地の悪さを覚える”のがゴルファーの常。ネフさんは「なぜ治す必要があるのかを理解するためのツールがGEARS。正確に診断をすることで、変わっていく勇気を持つ手伝いができるのではないかな」と話してくれました。また、「ゴルフクラブのクオリティーは日本が一番。素晴らしいクラブのある国で、ディテールを気にする文化なのでGEARSがはまるのではないかと思う」と日本人ゴルファーに合うのではないかと、日本進出の要因についてもコメントをくれました。

 

 

アメリカではメーカーを中心に、現在30システムほど導入されているということですが、佐藤さんによると、日本ではクラブメーカーだけではなく、どこを治すかを伝えてもらうためにレッスンプロなどに使ってもらいたいという展開を考えているということです。近いうちに、気軽に自分のスイングをモーションキャプチャーで確認できる日がやってくるかもしれませんね。

 

 

モーションキャプチャーで有名プロからアマチュアまで幅広い人のスイングを見てきたネフさんに「うまくない人が起こしているエラーは、アメリカ人と日本人で同じ?違う?」とマークさんが聞いてみました。ネフさんによると、アジア人の方がカラダが柔らかいので、大きなパワーを生み出せる要素があるけれど、その代わりに関節が安定しないという部分があるようです。また、体格が劣る分クラブがアップライトになるという傾向もあるということ。そういった部分について、キネマティックな分析をどれくらいしているのかというのは気になるそうで、GEARSで助けられると思うということでした。

 

スイングについても具体的にネフさんに伺いました。

 

アウトサイドインはダメ。インサイドアウトがキツイ方が良い。インサイドからだと、スマッシュファクター(ミート率)が上がる!とのことでした。全世界のツアープロがインサイドアウトで振っているという事実だけで、その重要性がわかりますよね?「インサイドから振っていない限り、クラブの性能も活かせない(マークさん)」ということなので、改めてご自身のスイングを見直してみてはいかがでしょうか。

 

見たくないものが見えるから欲しい byマーク金井

 

アナライズにはいつ導入されるのか???

 

 

シンディのPRGR GINZAレッスン

コーチが部活の先生に見えてきた?というシンディ。背骨に対して肩が直角に動くようにアドバイスをされたようです。そのスイングを見たマークさんは「フィニッシュで右肩が浮いている……アウトサイドに振っている人の特徴」と指摘。同じくネフさんは、「アウトサイドインで良いパスが出ることは無いので改善した方が良いよ」とコメント。シンディのスイングは本当に良くなるのか?PRGRさんよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

MMT-9情報

7月16日(木)に赤羽ゴルフ倶楽部で第3回MMT-9の決勝が行われました。雨が降ったり止んだりというコンディションの中、プロアマ合わせて40名の選手が参加しました。

 

ゴルフの大会初観戦のシンディのレポートです。

 

台風が接近している中、初めての観戦。9ホール全組最終ホールまで飽きる事なく観ることもでき、4本のうちどのクラブをを使っているかなど初心者でも分かりやすい内容でした。マークさんのゴルフも初めて観ましたが・・・主催者とは思えない本気で優勝を狙うプレーが出ていました。

 

 

本気で優勝を狙ったマークさんのスコアなど、大会の結果はこちらからチェックしてください。

 

http://mmt-9.com/

 

 

「オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!」毎週火曜日 19:00~20:30 On Air

 

ご試聴はこちらから⇒http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

ソラトニワステーション情報

  • 番組名:オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!
  • 放送時間:毎週火曜日19時00分~20時30分
  • パーソナリティ:マーク金井、アルバトロスしん(アシスタント)
  • 番組紹介文:日本ハーフコース振興協会会長も努め年間1,000本以上のクラブを試打、500本以上のシャフトをテストするクラブアナリスト、マーク金井がゴルフの魅力を存分にお届けします。
    1. ラジオTOP
    2. >
    3. オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!
主催
オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!
URL
http://www.soraxniwa.com/tickets/e241eeae
メールアドレス
[javascript protected email address]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

PRGRさんいらっしゃ~い!!

20167/19

19:00-20:30

PRGRさんいらっしゃ~い!!

0