WRITER /
高橋 邦彦
CATEGORY /
ラジオ

20168/16

町中華探検隊と山田参助さん登場!

オシキリシンイチの脱力主義8月16日のゲストも超豪華!町中華探検隊の北尾トロさん下関マグロさん竜超さん、そして漫画家・ミュージシャンでもある山田参助さんが登場!

町中華探検隊

超高齢化の荒波にさらされて滅亡の危機にある町中華(個人経営の大衆的中華料理店)の研究・記録を行うグループ。これまでのメンバーは隊長・北尾トロ周辺の出版業界人が多かったが、本書刊行を機に全国津々浦々の同士が名乗りを上げてくれることを期待している。目標は「1億人総中華探検隊」である。

 

 

北尾トロ

1958年、福岡県生まれ。ライター。本やマニア、裁判傍聴、狩猟など好奇心のおもむくまま、さまざまな分野で執筆。町中華探検隊では隊長を務めるものの、好きな割に食べっぷりは力弱く、隊員の助けを借りて完食にこぎつけている。『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』(文春文庫)『沈黙のオヤヂ食堂』(KADOKAWA)など著書多数。

 

 

下関マグロ

1958年、山口県生まれ。街歩きをしばがら、ネタを探して原稿を書いている。町中華探検隊では二号。店舗ファザード、店の歴史などに興味あり。主な著書は『歩行力』(ナショナル出版)。「メシ通」にて『美人ママさんハシゴ酒』を連載中。

 

 

竜 超

1964年、静岡県生まれ。1994年よりゲイマガジン各紙に小説を発表。2003年より『月刊Babi』(テラ出版)にてコラムを連載。第二期『薔薇族』スーパーバイザー、第四期『薔薇族』副編集長を経て、2011年7月に二代目編集長を襲名し、第五期『薔薇族』をスタート。著書に『消える「新宿二丁目」』――異端文化の花園の命脈を断つのは誰だ?』、『虹色の貧困――L・G・B・Tサバイバル! レインボーカラーでは塗りつぶせない「飢え」と「渇き」』(共に彩流社)がある。

 

北尾トロ、下関マグロ、竜 超ら人気のライターによる異色の食べ歩きエッセイ『町中華とはなんだ昭和の味を食べに行こう』、8月19日発売!

※町中華とは?昭和以前から営業し、気楽には入れて1000円以内で満腹になれる庶民的な中華街。単品料理主体や、ラーメンなどに特化した専門店と異なり、麺類、飯類、定食など多彩な味を提供する。カレーやかつ丼、オムライスを備える店も。大規模チェーン店と違ってマニュアルは存在せず、店主の人柄や味の傾向もはっきりあらわれる。(本文より抜粋)

 

≪立東舎書籍≫

町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう

著書:町中華探検隊(北尾トロ、下関マグロ、竜超)

定価:1620円(本体1500円+税)

 

発売元(立東舎)のURLはこちら

http://rittorsha.jp/items/15317440.html

 

【発売記念イベント情報】

北尾トロ×下関マグロ×竜超 「町中華について語ろう」

日程:2016/8/19  開場19:30 開演:20:00

会場:本屋B&B 下北沢南口

http://bookandbeer.com/event/20160819_machichainese/

 

 

 

 

山田参助(やまだ・さんすけ)

1972生。漫画家。コミックビーム(KADOKAWA エンターブレイン)にて「あれよ星屑」連載中。単行本に「十代の性典」(太田出版)他。武村篤彦との音楽ユニット「泊(とまり)」でも活動。アルバムに「霽月小曲集」(2014 ぐらもくらぶ)他。個人名義でVIDEOTAPEMUSICのアルバム「世界各国の夜」(2015 カクバリズム)に参加。

 

【新刊情報】

8月25日、山田参助著「あれよ星屑」第5巻KADOKAWA エンターブレインより発売。

 

 

 

ライター、放送作家、セラピストとして活動するオシキリシンイチが、時にゆるく、時にリキんで、オトナの好奇心を刺激する『オシキリシンイチの脱力主義!』

 

=======================

『オシキリシンイチの脱力主義』

毎週火曜日 17:00~18:30 On Air

ご試聴はこちらから⇒http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

 

 

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

中原仁さんが登場!

20167/5

17:00-18:30

中原仁さんが登場!

0