WRITER /
A モーリー
CATEGORY /
ラジオ

20178/23

第6回の「中小企業診断士の時間」は京でん 和柄ブランド「禅」さんです

中小企業診断士による、情報番組です。今週は今年創業12年を迎える京でんさん、和柄から革小物まで進化している企業さんです。

創業10年で迎えた岐路にどう進むか。
2年前、そんな悩みを抱えていたのは、8月23日(水)20時から放送の「中小企業診断士の時間」のゲスト経営者、株式会社京でんの竜田 昌雄(たつた まさお)さん。

今年創業12年を迎える京でんの分岐点は、和柄のブームが下火なってしまったこと。
創業当時は、和柄衣料品扱う「禅」で、勢いに乗って成長してきました。
現在も、もちろんたくさんのファンに支えてもらっていますが、和柄の市場はブームの反動で縮小傾向にあり、その影響を受けざる負えませんでした。
京でん 和柄ブランド「禅」
http://www.kyoden-zen.com/

今後、どの方向に進むべきなのか・・・・・・

そんな京でんが、新たな取り組みは、革小物を扱う新ブランド「COTOCUL」の立ち上げ。
これまでのブランドイメージを一新する素材とデザイン、そして企画と卸販売を中心から、製造と小売販売にも果敢にチャレンジ。

京でん 革小物ブランド「COTOCUL」
https://www.cotocul.com/

新ブランドへの挑戦、製品の品質向上の苦悩や、初めてデパートに立った時の失敗談

そして、クラウドファンディングを活用したテストマーケティングの事例など、挑戦し続ける代表者の取り組みをぜひラジオでお聞きください。

■株式会社京でん
http://www.kyoden-zen.com/
https://www.cotocul.com/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事