WRITER /
吉田あきら
CATEGORY /
ラジオ

20163/4

花粉症対策は万全ですか?花粉症の辛い症状を食事法で和らげたい人は要チェック!!

風邪がながびいちゃって、ずっとずーっと寝込んでしまった食育子さん。おかげでさらなる”美肌”をゲット!風邪の巧妙、もっけの幸い!

バリバリの鼻声が続いていて、”食育子おっさん化疑惑”が浮上しているソラトニワ銀座。風邪なのか?アレルギーなのか?アレやコレやを診断されて、医療費もバカにならず。『やっぱり、健康ってほんと大切なんですね・・・』と、しみじみしてしまう食育子さんの早春の候。独立して5年目に突入した食育子さん。鼻声だけど花粉症じゃない食育子さん。今回も張り切っていきましょー!!

 

■体質改善・健康宣言

花粉症の方におすすめの食事法

鼻水が止まらず、目もショボショボして、頭痛までひどくなる。それはまさに花粉症の症状。辛いなーと悩んでらっしゃる方も多いかと思います。今回は管理栄養士の食育子さんによる指導のもと、『いつもよりもこじらせない』食事法を試してみませんか?

 

【花粉症によくない食事】

●腸内環境を悪化させるような食事

腸は、人間の免疫機能の7割を担っていると言われています。なので、腸内環境を整えることはとても大切。花粉症と便秘は関係のないハナシではないのです。お肉ばーっかり食べて野菜不足だったり。お菓子やケーキ、チョコレート、クッキーなど甘いものばかりを食べ過ぎたり。高カロリー高脂肪な食事をしたり。乳製品の取りすぎで腸を冷やしてしまっていたり。これらは腸内環境を悪化させてしまいます。

 

【花粉症におすすめの食材】

●きのこ類

腸内の免疫を強めてくれるβグルカン、そして食物繊維が豊富に含まれているきのこ類。そんなきのこの中で食育子さんがおすすめするのはまいたけ!アトピー性皮膚炎などアレルギー反応の改善にとても良いと言われています。炒めたりして食べるといいですね。

 

●新鮮な青魚

ドコサヘキサエン酸(不飽和脂肪酸)はアレルギーの改善に効果的。新鮮なアジやサンマを積極的に食べましょう。ただし、新鮮な青魚であること!新鮮じゃないと、逆効果になりますよ。

 

●しそ 大葉

アレルギー反応を抑えてくれるし、香りも豊かです。しそを、醤油+酒+みりんに漬けて、ごはんにくるんで”しそおにぎり”がおすすめ!しそを刻んで餃子に入れたり、ちらし寿司に混ぜたりも美味しいですね。旬の時期には10束500yenくらいで売られているので、たくさん買ってたくさーん食べてください。

 

●たまねぎ

花粉症などのアレルギー改善、アトピーなどの抗炎症作用などに効果のあるケルセチンを多く含んでいます。

 

●納豆&ヨーグルト

腸内環境を整えるので、継続的な摂取を心がけたいですね。

 

■今旬

付け合わせだけじゃない!すごくスゴいパセリの栄養価

薬効:貧血 食中毒防止 疲労回復 口臭防止 食欲増進 虫刺され

原産:地中海沿岸地方

ヨーロッパでは古くから栽培されていたパセリ。古代ギリシャ、ローマ時代にも香辛料として使われていたようです。パセリというと、料理のつけあわせという印象があり、つい食べずに残してしまうことが多いものです。あの独特の強い香りと苦味がいやだという人もあるようです。

 

しかし、パセリの栄養価は、とても高いので残すのはもったいないことです。なにしろビタミンCは、100g中200mgと、野菜・くだものの中でもトップです。しかも、カロチンもニンジンとトップを争うだけの量を含んでいます。さらに特筆に値するのは、鉄分含有量の多いことです。100g中9.3mgと、野菜の中でこれもトップです。鉄分が多いといわれる小松菜の3倍以上あります。カルシウムも豊富ですし、ビタミンB1、B2を含む栄養価の高い野菜です。

 

貧血と食中毒にパセリ

●貧血ぎみの人は、鉄分の豊富なパセリを毎日食べるようにすると良いでしょう。生で食べるのがいちばんですが、リンゴ、オレンジなどをベースにして、パセリを適量混ぜたジュースも良いでしょう。香りが気になりませんし、量も十分とることができます。パセリの香りはピネンやアピオールという製油成分によるものです。

 

●古代ローマ人は、パセリには食中毒を予防する働きがあると考えていました。料理の付け合せに用いるのも、そういう効果があるからでしょう。肉料理のあとに食べると、口の中をスッキリさせてくれますし、食後ガムのように1茎かむと、口臭を消してくれます。

 

●パセリの若葉150gと氷砂糖100gを、ホワイトリカー1リットルに漬けて2ヵ月ほど置くと、香りのいいパセリ酒ができます。これを毎日飲めば、貧血に効くだけでなく、疲労回復や食欲増進に効果があります。虫刺されには、生葉をすりつぶしてよくすりこむと、かゆみ、痛みをやわらげます。また、パセリを煮てふきんでこした液は、肌の脂肪分を除きますので、ローションやヘアーリンスとして使うことができます。

 

■食育子さんのHPはこちら

>>>http://ikofood.com/index.aspx

 

==========================

ごはんであなたの体質改善。管理栄養士が不摂生な生活に喝!

『食育子のGOHANにせん?』』毎週金曜日 14:00~15:30 On Air

■ご試聴はこちらから⇒http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

 

 

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0