WRITER /
KINGトシ
CATEGORY /
ラジオ

20152/4

【ブログ-銀座】ちょっと、お洒落に!

「ちょっと、そこまで。」ゲストにTOKYO DRESSの石崎由子さん、酒枝えみさんをお迎えして、旅の服装、収納術・・・など旅とファッションについてお話しました。

梅の季節到来!まずは、おすすめの梅まつりを紹介した晴山由梨の「ちょっと、そこまで。」

 

今回のゲストはTOKYO DRESSからプレスの石崎由子さんデザイナー の酒枝えみさんをお迎えしました。昨年立ち上げて10周年を迎えたというTOKYO DRESS。10年を迎えたのをきっかけに「BOUTIQUE」「VACANCES」という2つのラインで展開しています。

 

ブランドの核となるBOUTIQUE

TOKYO DRESSメインのラインで全てのお洒落な女性の方へ向けて、綺麗めのファッションのものが多いそう。女性の欲張りな点を取り入れたタウンユース向けのファッションを楽しみたい方はこちら!アクセサリーもあり、デイリー&ドレスアップスタイルの両方を兼ね備えたスタイルを楽しめます。

 

 

バカンスを想像させる少しカジュアルなVACANCES

旅行へ行く時に、持ち運びやすい・洗える・シワがつきにくい・・・など考慮して作られているそう。リラックスしたファッションというよりも、リラックスしつつもどこかお洒落にしていたい・・・という女性の気持ちを考えているそうです。ポイントで、どこかをキラっとさせることでカジュアル過ぎないようにしているとか。BOUTIQUEのイメージを持ちながらも よりデイリーユースに適したスタイルです。

 

 

今回はそんなTOKYO DRESSの商品から「ビーチバッグ」「メガネケース」「アイマスク」「スリッパ」をお持ち頂きました。

 

 

 

 

 

旅の時は、なるべく荷物を少なくしたいので着回しの出来るファッションを心がけているというお二人。リラックスウェアでも、綺麗なレストランに入れるファッションにしているそうです。例えばスカーフを持っていき頭に巻くだけでも気分が変わるといいます。

 

化粧品など荷物が多くなりがちな女性は収納も大変。おすすめの収納ポイントは「クルクル巻き」だそう。タイツなど巻けるものは、とことん巻くと収納しやすいそうです。また、小分けの袋に入れると整理しやすいとか。ビニール袋より布の袋の方が馴染んで使いやすいそうですよ。

 

最近行った旅は、石崎さん→徳島で藍染体験、酒枝さん→ロス&ポーランド。そこでしか見れない景色や人を十分に味わってきたといいます。TOKYO DRESSを身に付けて女性らしい旅をしたいですね。

 

 

◆TOKYO DRESSの商品はオンラインショップや松屋銀座のリタズ・ダイヤリーでも手にする事が出来ます。詳しくはTOKYO DRESSのサイトをチェック!

http://www.tokyodress.co.jp/

 

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事