WRITER /
Junko Ureshino
CATEGORY /
ラジオ

20152/26

【ブログ-梅田】脳が疲れるほど話したい!電子音楽ラボ

ワールドミュージックバンド “カナディルフィール”のベース&リーダー金森陽平がMCを勤める

「カナディルフィールのRainbow World」

 

今回のお相手はポロロンステレオ・滝田信二さん

先日、男2人きりで温泉旅行に行ったという、プライベートでも距離の近い……

いや近すぎる2人でお送りしました。

 

タッキーが組むギターとキーボードのユニット「京都日和」は、レコーディングが順調の様子!

今日は、できたてホヤホヤしかもまだラフな録音状態の新曲も聞かせてくれました。

 

さて、金森フィールが悪戦苦闘しながら電子音楽に挑んできた「ワールドミュージックラボ・2月」は今日が最終回。

 

最後に持ってきた、肝いりの選曲はHarp On Mouth Sextet

伝統的な和楽器を使わずして、日本古来の伝統音楽を表現するという、

京都のエレクトロニカ雅楽バンドです。

中心となるのは、テノリオンを操る電子音楽家RUBYORLA氏。

 

番組では「水月華音」をお聞きいただきましたが、こちらも素敵な曲です↓

youtube https://www.youtube.com/watch?v=_zHFHIMypRs

 

「日本人が日本人的感覚で突き詰めていった電子音楽かと。あと、とにかくライブがスゴイ!音の洪水!!」by金森

 

「“ドレミファソラシド”などといった西洋音楽の音階とは一線を引いて、音自体を楽しんでいますね。

(聞いていて)違う場所に連れて行ってくれる力を感じます」

 

最終回ともなると、かなりマニアックなレベルまで追求!

「脳がつかれたわぁ……」と疲労を隠せない金森でした(笑)

ソラトニワステーション情報

URL
http://www.soraxniwa.com/
メールアドレス
[javascript protected email address]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事