WRITER /
くまがい
CATEGORY /
ラジオ

20162/21

 自称“何でも屋”、一人だけど2BOY。

2月21日の「BABEL RADIO」。本日は、グラフィックデザイナー、アートディレクター、DJなどたくさんの肩書をもつ、2BOYさんをお迎えしました。

2月21日の「BABEL RADIO」。アベラヒデノブと澤口明宏でお送りしました。

 

先週は、とある撮影のためお休みだったアベラさん。

澤口さんの撮影の演出助手をしていました。

 

毎年、2月と3月がとにかく忙しいという澤口さん。

今年もやはり、撮影、編集の日々。

とても、忙しそうです…。

 

今日の澤口さん講座は、被写界深度のお話。

まず、今回のお話の被写界深度とはなんなのか?

これは、写真の焦点が合っているように見える被写体側の距離の範囲のこと。

焦点が合っている範囲が広いと、被写界深度が深いということになります。

被写界深度を浅くすることで、ピントが合っているように見える範囲が限られるので、背景がぼやけて雰囲気のある写真を撮ることができます。

前回は、正しい明るさで写真を撮りましょう!というテーマ。

「しぼり(F値)」「シャッター速度」「ISO感度」の3つの要素に気をつけてくださいね、というお話をしていました。

この“被写界深度”に関係ある要素は、前回の「しぼり(F値)」が関係する要素のひとつ。

他にも、「レンズのミリ数」、「被写体とカメラの距離」、「被写体と背景の距離」の4つの要素で構成されます!

背景がぼやけている素敵な写真をとってみたいというときには、この4つの要素に気をつけるとうまくとれます!

F値は、高いほどぼやける。

レンズのミリ数は、大きいほどぼやける。

被写体とカメラの距離は、近いほどぼやける。

被写体と背景の距離は、離れているほどぼやける。

 

皆さんも試してみてください。

 

 

ゲスト 2BOYさん

今日は、グラフィックデザイナー、アートディレクター、DJとして活動されている、2BOYさんをお迎えしてお送りしました。

 

2BOYさん、アベラさん、澤口さんは、昨年trueの「自由」という楽曲のMVで一緒に仕事をした関係。

2BOYさんと澤口さんに関しては、今月のはじめにも一緒にお仕事をされたようです。

 

今月、2BOYさんと澤口さんがご一緒した作品はこちら。

桜graduation /7☆3(シチサン)

 

この現場では、MVを澤口さん、CDのジャケットを2BOYさんが担当。

直前に雪が降ったり、山奥での撮影だったので屋内でも寒かったり、陽が沈むのが早く時間が限られていたりと、お二人とも大変だったようです。

 

 

2BOYさんは、どんな仕事でもまず楽しむことを忘れない、それがモットー。

どんなに制約があっても、その範囲の中で楽しみ、最大限の仕事をしたいとおっしゃっていました。

その姿勢に、アベラさんは影響されていました。

 

普段から、映画をよく見るという2BOYさん。

邦画と洋画からそれぞれ一作品好きな映画を教えていただきました。

洋画では、「ユージュアル サスペクツ」。

邦画では、「愛のむきだし」。

「ユージュアル サスペクツ」は、ストーリーがとにかく素晴らしい、そして絶対に2回見たくなるそんな映画。2BOYさんは、今まで同じ作品を見直すことがなかったそうですが、この映画に出会って初めて同じ作品を見直したそうです。

「愛のむき出し」は、4時間の長編映画。4時間という長さもあっという間に感じるほどの映画で、飽きさせない。2000年代に入ってからの作品で一番の衝撃作だったようです。

 

皆さんも見てみてください!

 

 

「BABEL RADIO」  毎週日曜日 12:00~13:30 On Air

http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

ソラトニワステーション情報

  • 番組名:『BABEL RADIO』
  • 放送時間:毎週日曜日12時00分~13時30分
  • パーソナリティ:アベラヒデノブ + BABEL LABELから週替わりで1名登場
  • 番組紹介文:映像制作のディレクターズ・カンパニー、BABEL LABEL(バベルレーベル)の作家や役者が映画監督や俳優、女優などのゲストを招いてお送りする映画ネットラジオ番組。アベラヒデノブに注目。
    1. ラジオTOP
    2. >
    3. 『BABEL RADIO』

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事