CATEGORY /
ラジオ

20166/21

無料ゴルフ雑誌「バズゴルフ」の魅力に迫る!

6月21日の『オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!』。BUZZGOLF【月刊バズゴルフ】のガッデム竹田さん、そして中井学プロをお招き!

ダスティン・ジョンソンが悲願の初メジャータイトル獲得した全米オープン。まだまだ興奮冷めやらぬ6月21日の放送。いろいろと話したい事は山ほどあるとは思いますが、本日は豪華なゲストがお2人。とても90分では喋り足りなかったご様子のマークさんでした。

 

奇跡の無料ゴルフ雑誌!

 

その豪華ゲストお1人目は、BUZZGOLF【月刊バズゴルフ】のガッデム竹田さん。全国のゴルフショップや練習場など、いたる所で配布されているゴルフマガジンBUZZGOLF【月刊バズゴルフ】。今年で創刊5年という、ゴルフ好きならご存知のあの雑誌です。驚きなのはこの雑誌、なんと無料!!超有名プロゴルファーが表紙を飾り、書店で売られている雑誌とはなんの遜色もない贅沢な内容。しかも、ギアやスイングの情報はもちろん。我らがマークさんも連載をしているという、ゴルファーにはたまらない中身になっているんです!!また、この雑誌の表紙を飾った選手は、その後、漏れなく試合で優勝するという都市伝説も兼ね備えているんです。

 

画期的な新アイテム その名も「学ベルト」

 

そんなBUZZGOLF【月刊バズゴルフ】の中で、スイング理論を展開されているのが、中井学プロ。昨年9月に続いて2度目のご登場です。今回は、中井学プロがこのレッスンの中でバズゴルフと共同開発したという素敵なアイテムを持って来ていただいたんです。その名も「学ベルト(マナベルト)」!もちろん中井“学”プロのお名前を文字ったネーミング。手打ちを克服するためのこの商品。背中に巻くようにしながら両端に腕を通して装着。

ゴムの弾力で、引っ張られるので、それに負けないように両腕をくっ付けてクラブを持つのがポイント。そうする事で腕だけでスイングしない、いわるゆ手打ちにならない様に練習することができるんです。タオルを脇に挟んでスイングする…という練習方法があると思いますが、それよりも腕に意識がいかず、背中に意識が働くので、自然と体全体を使ったスイングになるという優れものなんです。

 

中井プロいわく、この器具はアプローチの練習で特に活用してほしいそうです。一見、ドライバーやウッドよりも、体の動きが少なく、腕でスイングしてしまいがちなアプローチ。ですが、中井プロからすれば、アプローチの方こそ、下半身や体の動きが重要なんだとか。よく、アドレス時にボールを右足寄りに置く人が見られますが、あれは大きな間違い。アプローチこそ、しっかりと体の動きを意識しないとダメなんだそうです。

 

その他にも、アマチュアゴルファーが頭を抱えてしまいそうな、目から鱗が落ちるスイング理論が飛び出した今回の放送。お聞きになられて、興味を持った方はぜひ、BUZZGOLF【月刊バズゴルフ】を手に取り、「学ベルト」で練習してみてください。http://buzzgolf.jp/

 

 

「オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!」毎週火曜日 19:00~20:30 On Air

 

ご試聴はこちらから⇒http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

ソラトニワステーション情報

  • 番組名:オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!
  • 放送時間:毎週火曜日19時00分~20時30分
  • パーソナリティ:マーク金井、アルバトロスしん(アシスタント)
  • 番組紹介文:日本ハーフコース振興協会会長も努め年間1,000本以上のクラブを試打、500本以上のシャフトをテストするクラブアナリスト、マーク金井がゴルフの魅力を存分にお届けします。
    1. ラジオTOP
    2. >
    3. オトナの自由時間 マーク金井の喋らずにいられない!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

PRGRさんいらっしゃ~い!!

20167/19

19:00-20:30

PRGRさんいらっしゃ~い!!

0