CATEGORY /
ラジオ

20154/19

【ブログ-銀座】街を巻き込んだ大作「ストロボライト」

4/19の「BABEL RADIO」。新宿K's cinemaで5/8まで公開中の映画「ストロボライト」から監督の片元亮さんと出演者で宣伝配給担当の槇徹さんをお迎えしました。藤井道人企画「褒める男」もスタート。

12名の俳優と6名の監督からなるBABEL LABELが送る番組BABEL RADIO。今週は岩原正典と約半年ぶりの藤井道人の2人でお送りしました。

 

実は2週間前に番組に遅刻した岩原さんの原因は藤井さんにあった!?藤井組の最終の撮影が雨でおしたお陰で岩原さんが現場を出るのが遅れてオンエアーに間に合わず……。映画の撮影現場では“あるある”という話ですが、生放送には遅れないように調整してください!!!!!

 

藤井道人企画「褒める男!」。藤井さんが完全な私見で、映像や映画を普段見せないぐらい“ハイテンション”で褒めたおす!喋りたおす!!という企画です。今回のテーマは藤井さんが兼ねてからリスペクトを公言しているアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督

 

これまでは「世界で一番好きな監督」と言ってもポカーンとされることが多かったけども、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でアカデミー賞を受賞したおかげで、みんなにわかってもらえるようになったと藤井さん。人間の内面を描いて、時間軸の断片化というのをしてきたイニャリトゥ監督が、こういった作品を描いたという事に感慨を覚えたのだとか。

 

映画ももちろんですがCMのクオリティーの高さも必見!!藤井さんのオススメはこちら

 

 

 

ちなみにBABEL LABELの由来はイニャリトゥ監督の映画「BABEL」からでは無いと藤井さん。志真さんと立ち上げる話をしていた時、藤井さんはRALLYE LABELという音楽レーベルが好きで「○○レーベルという名前が良い」と言ったのだとか。そうすると韻を踏んでいるからという理由で「BABEL LABEL」という名前を志真さんが提案。その響きを藤井さんが気に入ったので落ち着いたのだそうです。

 

 

ゲスト:片元亮・槇徹(映画「ストロボライト」)

現在、新宿K’s Cinemaで公開中の映画「ストロボライト」監督の片元亮さんと出演者で宣伝配給担当の槇徹さんをお迎えしました。

 

閑静な住宅街で起こった殺人事件。 それは遺体から手首を切り落とすという猟奇的なものだった。完璧な様で稚拙な証拠隠滅に問題なく犯人特定に至るものと思われていた事件は意外にも、初動捜査の段階で行き詰まりを見せる。その中で捜査一課の刑事・小林秀は、過去に関わった或る事件との共通点に気づく。今回の事件と同じ時系列の展開を見せはじめる過去の事件。混迷を極めていく捜査の中、襲われ重傷を負う小林。この出来事をきっかけに、小林の記憶は断片的に欠落し始める。それでも犯人逮捕に執着する小林には、消し去る事の出来ない過去の傷があった。幼少期に両親を殺害されて失ったという過去。痛切な想いを胸に刑事として生きてきた彼が、失われていく記憶の先に見た事件の真実とは――

 

 

37歳という片元監督。22歳頃にシナリオを書き上げたものの「自主映画では無理だぞ」と思って寝かしていたのだとか。そして6年程前に映画を撮ろうと脱サラ。この作品を撮ろうと思った時に、時代が変わっていたので整理するために一度小説にしてみたのだとか。大学の後輩だという槇さんもその頃は役者を廃業して、サラリーマン生活を送っていたそうですが、「俺は勝負に出る」という片元監督からの電話を受け、直接話を聞いた際の熱意を見て仕事を辞めて、この映画にしっかりと携わることにしたのだそうです。

 

映画自体のボリュームがあったので、どこかの街とタッグを組んでできなければ、この作品は完成しないと思っていたという片元監督。この映画のカメラマンの方がスチールでの個展を開催するということで行った場所が兵庫県伊丹市。その時に街の魅力を感じていて、伊丹市のあるイベントに参加した時に「この街で映画撮りたいんですけど……」と関係者の人に話をしたら、そこから色んな人を紹介してくれて、みなさんの前でプレゼンをする機会をもらって、市民の方の応援をもらえたのだそうです。市民が応援してくれるということで、市も後援するという流れになって色んな場所でロケをしたりできたのだとか。

 

「自主映画っぽくない作りなので、頑張った所を見て欲しい」と槇さんが話していますが、とは言え映画作りに予算の壁は付き物。藤井さんと片元さん、同じ監督でも予算の使い方についても考え方の違いが出てきます。

 

「長い時間かけてゆっくり撮れる使い方がしたい」(藤井)

「美術、衣装、メイクというお客さんに見てもらう部分は削りたくない」(片元)

 

そんな言葉を聞いて「ストロボライト」を見ていた岩原さんは「美術が凄い!」と監督のこだわりを思い出した様子。「切られた手首がリアル」なのだそうです。

 

「展開がスピーディなので犯人捜しをするとストーリーから迷子になるのでスクリーンに身を任せてください」と片元監督が話す映画「ストロボライト」は5月8日まで新宿のK’s cinemaで公開中です。期間中は監督や役者さんなどが、ほとんど劇場に顔を出すということなので観終わってからは、ぜひ感想などを直接、話してみてください。

 

ちなみに、サイドストーリーは一切説明しないと決めて撮影をしたそうですが、もう1回観た時に、よく見ればバレるようにネタを散りばめているそうです。(ページトップの写真も……)

 

http://www.strobelight-movie.com/

 

BABEL INFORMATION

BABEL LABELがリニューアル!?先日の事務所移転を機になのか何なのか、ロゴとホームページが刷新されるのだとか……。そこの責任者は藤井さんということなので、番組終わりで色んな作業が待っているのだとか。

 

そんな藤井さんの映像作家としての最新ミュージックビデオはこちら

 

 

 

「BABEL RADIO」  毎週日曜日 12:00~13:30 On Air

http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

 

ソラトニワステーション情報

  • 番組名:『BABEL RADIO』
  • 放送時間:毎週日曜日12時00分~13時30分
  • パーソナリティ:アベラヒデノブ + BABEL LABELから週替わりで1名登場
  • 番組紹介文:映像制作のディレクターズ・カンパニー、BABEL LABEL(バベルレーベル)の作家や役者が映画監督や俳優、女優などのゲストを招いてお送りする映画ネットラジオ番組。アベラヒデノブに注目。
    1. ラジオTOP
    2. >
    3. 『BABEL RADIO』
主催
BABEL RADIO
URL
http://www.soraxniwa.com/tickets/cde2cf90
メールアドレス
[javascript protected email address]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事