WRITER /
ひーちゃん
CATEGORY /
ラジオ

20151/16

【ブログ-銀座】ヒットする映画とは?

シネスイッチ銀座から公開する映画をセレクトしている吉澤周子さんをお招きしました。まもなく公開のオススメ映画「おみおくりの作法 STILL LIFE」とは?吉澤さんが思わず涙したオススメ映画は?

海外の観光客の多さに驚いた櫻田彩子さんとお送りした『ANGFA presents ドクトル・コバの銀座の奥義』円安の影響で“爆買い”しているそうです。

 

 

まずはアシスタントからドクトルに質問する「教えて!ドクトル~!」今回は“冬でも汗をかいた方がいい?”ドクトルは寒く汗をかきにくい季節でも、違う意味で汗をかいているそうです。「はい、冷や汗です」とドクトル。インフルエンザなどで熱が上がるのは、熱でウイルスを撃退しようとしているから。無理に熱を下げようとしないほうがいいそうです。冬だからといって、特に汗をかこうとはしなくていいそうです。でも、程よい運動は忘れずに。

 

 

今回の小粋なお客様は、シネスイッチ銀座吉澤周子さん。昭和30年代に「銀座文化劇場」として開館。1987年に2館のうちの1館が、各国から選りすぐった洋画と邦画をスイッチしながら提供するということから「シネスイッチ銀座」と命名されました。「モーリス」や「ニュー・シネマ・パラダイス」でミニシアターブームに大きく貢献。また「レディースデー」を初めて採用した映画館でもあります。一般的には水曜日ですが、シネスイッチ銀座はずっと金曜日です。今では珍しくなった2階席も残っています。

 

吉澤さんは上映する映画をセレクトするお仕事ということで、カンヌ国際映画祭などに赴くと1日5本観ることも!仕事上、「ここをCMに使えるかな」などと考えながら観ているそうですが、「ライフ・イズ・ビューティフル」を初めて観た時は涙を流したのだとか。ただの観客でしかなかったと吉澤さん。それほど衝撃を受けた作品だそうです。そんな吉澤さんが考える大ヒットの秘訣は“自分の想像以上・予想外の観方があればあるほどヒットする”とのこと。

 

そんなシネスイッチ銀座で24日(土)から公開される映画が「おみおくりの作法 STILL LIFE」身寄りのない人の葬式を代わりにあげる仕事をしている人の物語公開すると決めた後、社長に物語を説明しに行くそうですが、話している内に涙が流れたと吉澤さん。

 

「おみおくりの作法 STILL LIFE」予告編

 

吉澤さんの「映画の奥義」“たくさん観る”

日本は世界の中でも多くの映画を観られる国なので、もっとたくさん映画を観てほしいということでした。

シネスイッチ銀座HP→http://www.cineswitch.com/

映画が大好きな2人。映画の思い出を話していると、また観たくなってきました。

 

 

最後は“コバなし”

占いは信じますか?星座(12通り)と血液型(4通り)と干支(12通り)を全てかけあわせて占う今年の運勢……576通りある中の第1位が、「獅子座O型寅年」。なんと、ドクトルがまさしくこれなんです!!「宝くじ買います」とドクトル。ただ、おみくじは「末吉」だったようです。

 

おまけ!

櫻田さん流「しゃっくりの止め方」普段口をつける方とは反対側から飲む!(画像参照)

 

 

次回の放送は1月30日。櫻田さんがこの日の放送後、産休に入られます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事