WRITER /
KINGトシ
CATEGORY /
ラジオ

20168/31

最終回は、感動の特別展 「星野道夫の旅」を紹介しました。

8月31日「松屋銀座ソラトニワステーション」。遂に最終回。松屋銀座のオススメ情報など、接客だけでは伝えきれない様々な商品の魅力についてお話ししていきます。

8月31日「松屋銀座ソラトニワステーション」。

 

本日のお弁当

 

お昼を回ると、松屋銀座屋上には、ランチをしにたくさんの方がいらっしゃいます。そんなランチタイムにぴったりな商品がたくさん用意されている松屋銀座 地下1階「GINZAフードステージ」からランチにオススメの商品を紹介。今回は、地下1階「オリーブマーケット」から「ピクルスセット」1パック税込1,080円の商品です。

 

 

放送当日は8月31日。みなさんは何の日だか、ご存知ですか?語呂合わせで「野菜の日」なのです。そこで、野菜を使ったおすすめのお惣菜をご紹介。オリーブの専門店「オリーブマーケツト」が扱う「ピクルスセット」です。

 

ホワイトアスパラ、パプリカに、ピクルスがセットになっています。ホワイトアスパラと胡瓜の食感、そして肉厚のパプリカがが楽しめ、お酢の酸味で夏に疲れた体も癒されそうです。彩りもきれいで、食卓を華やかにしてくれそうですね。それでは、いただいてみましょう!

 

 

彩がキレイ。ピクルスは食感がいいです。噛めば噛むほど味が出る。甘みが少なめで理想のピクルスです。アスパラは甘みが程よく、酸味と交わって美味しいです。野菜の日に限らず、野菜でビタミンを補給しませんか?

 

開催中「没後20年 特別展 星野道夫の旅」

 

【「没後20年 特別展 星野道夫の旅」 公式サイト】

http://www.asahi.com/event/hoshino20/

 

 

2016年8月、写真家・星野道夫さんが逝去してから20年という節目の年を迎えました。アラスカや野生動物、そこに生きる人々の暮らし。星野道夫さんは写真と文章を通して「自然と人間の関わり」を伝えようとしていました。18年にわたり広大なアラスカの土地で被写体を追い求めた彼の「物語」は、20年という歳月が流れた今でも多くの人々を魅了して止みません。星野さんは、写真家としては珍しく、随筆のみの著書も多数出版されており数々の名言も残しています。香織さんも、数々の名言に心を奪われてました。

 

今回の展示では星野道夫さんの代表作約250点を一堂に展観。グリズリーやカリブー、ムースなどの野生動物たち、人々の命のつながりを見つめた珠玉の作品を改めて振り返ります。さらに長年使用されたカメラやカヤック、スノーシューなど星野さんの息づかいが伝わる愛用品も公開しています。 展示を観た香織さんも感動。動物や自然を心から愛しているというのが伝わってきました。星野さん自身も自然の一部になって撮影しているのではないかと感じさせてくれます。

 

アラスカでの悠久なる時間とともに大自然と対峙し続けた星野道夫さん。彼が遺した写真やメッセージは今に生きる私たちが忘れかけている「大切な何か」を思い出させてくれそうです。

 

本日で最終回

 

4月から「松屋銀座ソラトニワステーション」を担当した池田香織さん。本日でソラトニワ銀座は閉局してしまいますが、女優として、またパーソナリティとしても様々な場所で活躍してくれるはずです。先日まで撮影していたのは来年公開予定のこちらの映画です。

【『翼の生えた虎』】

https://motion-gallery.net/projects/tiger-wings

 

 

その他、池田香織さんの最新情報はコチラをチェック!

【ブログ「HI!  I’M  KAORI」】

http://ikedakaori.tumblr.com/

 

【インスタグラム】

https://www.instagram.com/explore/tags/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E9%A6%99%E7%B9%94/

 

今まで本当にありがとうございました。

またどこかでお会いしましょう!

 

 

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事