CATEGORY /
ラジオ

ロックアップラジオ 第1回からのゲストおさらい

関西演劇界で活躍中の上田ダイゴによる即興ラジオドラマ

即興ラジオドラマ ロックアップラジオも10回目の放送を終えました。

上田ダイゴがチョイスする数々のゲストを振り返ってみて思うのが、まあこれだけキャラクターの濃い人たちをよく集めたなと。

演劇をやっているのだから濃いのは当たり前なですが、自分もお笑いをずっとやってますが芸人よりも濃度高いです。

芸人がネクターとしたら演劇人はプリンシェイクと言った所でしょうか。

さてそれでは第一回からのゲストを振り返ってまいりましょう。

 

-----------------------------------

第1回2回ゲスト

勝山修平(彗星マジック)

劇団「彗星マジック」主宰。個人ユニット「clickclock」代表。「火曜日のゲキジョウ」実行委員。作・演出・デザインを主に、舞台創作を重ねる。彗星マジックでは空想に現実としての「痛み」「喜び」を持たせた世界を、主に劇場にて創造中。clickclockでは音楽と芝居の相乗効果を目的に、バーやライブハウス、野外といった劇場以外の空間で公演を重ねている。作演出を担当した「ポストグラフ」が「CoRich舞台芸術アワード!2015」にて第15位を獲得、一人芝居の全国ツアー「INDEPENDENT:3SS」では、5年間177作品の中からセレクションメンバー10作品の一つに選出。「LINX'S」「gate」「ABC春の文化祭」等、様々なイベントにも参加し作品を日本各地で上演、好評を得ている。外部活動も盛んに行っており、チラシデザイン、演技指導にショーアドバイザーなど、多岐にわたって活動中。
http://suiseimagic.uijin.com/

 

-----------------------------------


第3回4回ゲスト
二朗松田
チラシデザイナー、脚本家。
演劇ユニット「カヨコの大発明」脚本・演出担当。バンタムクラスステージ、iPpei「メガネニカナウ」など様々な劇団公演、イベントに脚本及び宣伝美術として参加。また映像方面では、2014年びわ湖放送「忍ジャガーEPISODE-X」脚本を担当、2015年短編映画コンペ「48Hour Film Project Osaka」に参加、脚本作「ウェルテル無頼」が作品賞、脚本賞受賞、その後アトランタ、カンヌ映画祭、その他で上映。
http://ameblo.jp/kayodie/

 

-----------------------------------

 

第5回6回ゲスト
有北雅彦(ありきた・まさひこ)
1978年、和歌山県生まれ。作家・演出家・翻訳家・俳優。大阪外国語大学でイタリア語を学びながらコメディーユニット・かのうとおっさんを結成。映画や演劇などイタリアの文化的お宝を日本に紹介する京都ドーナッツクラブのメンバーとしても活動。訳書『13歳までにやっておくべき50の冒険』(太郎次郎社エディタス)とこれを基にした冒険イベントが全国展開中。
http://kanoutoossan.com/

 

-----------------------------------

 

第7回8回ゲスト
亀井伸一郎
演出家.作家.振付師.ときどき役者
1986年生まれ31歳。22歳の時に舞台を作らねばと思い立ち劇団カメハウスを立ち上げエンターテイメント性溢れる作品からアンダーグラウンドな作品まで毎回作風を変え上演する。
舞台美術を移動させたり仕掛けを使い映画のカット割りの様に言語のみならず空間の持つ言語を多用する演出を得意としている。
最近は劇場のみならず、グランフロントにてお化け屋敷の演出、フラッシュモブのパフォーマンスやルミナリエの屋台プロデュース、阪急ビアガーデンにてミュージカルショーの演出なども行っている。
座右の銘は「揺りかごから墓場まで」
https://twitter.com/kamehousekamei

 

-----------------------------------

 

第9回10回ゲスト
近藤ヒデシ(COMPLETE爆弾)
物書きをしたくて、1997年舞台デビュー。
2000年、COMPLETE爆弾を旗揚げ。
永らく独り劇団であったが、15年の時を経て、劇団員が増えた。
ナレーターを生業としている。
http://blog.livedoor.jp/c_bomber/

 

-----------------------------------

 

第11回12回ゲスト
勝山修平(彗星マジック)
ゲストのおかわり始めました。

第1回2回も来ていただいた勝山修平さんです。

 

-----------------------------------


そして次回ゲストは
小谷地 希(こやち のぞむ)
Micro To Macro劇団員/パフォーマンスユニット 凡タム 作,演出,出演
関西を中心に活動する役者。フリーで活動していたが、2014年よりMicro To Macroの劇団員となる。2017年、同じ劇団員のたにがわさきとのユニット「凡タム」で作,演出,出演を務め作品を上演するなど個人的にも活動している。
http://micro-to-macro.com/

 

今後も濃厚なゲストを上田ダイゴの軽快なトークにより掘り下げていく予定です。

演劇に興味ある方もない方も楽しめるロックアップラジオ

みんな聴いてね!!!

この記事が気に入ったらいいね!しよう