WRITER /
KINGトシ
CATEGORY /
ラジオ

20167/4

ビジュアルクリエイター「たかくらかずき」さんにドット絵の魅力を語っていただきました。

7月4日「Julie Watai HARDWARE GIRLS RADIO」は、ゲストに、ビジュアルクリエイター:たかくらかずき さんをお招きして、ドット絵の魅力などお伺いしました。

7月4日「Julie Watai HARDWARE GIRLS RADIO」

 

ゲスト: たかくらかずき (ビジュアルクリエイター)

 

<プロフィール>

1987年生まれ。ドット絵、イラスト作品をはじめ、グラフィックデザイン、ゲーム制作、展示企画、舞台美術など、デジタルな表現手法をベースにジャンルを横断し活動している。近年の仕事に、範宙遊泳「われらの血がしょうたい」アートディレクション、PUFFYシングル「パフィピポ山」CDジャケットグラフィックなど。

 

【たかくらかずきオフィシャルサイト】

http://www.takakurakazuki.com/

 

 

色々やっていて一言で肩書きをするのは難しい、たかくらさん。学生当時は日本画を専攻していたそうですが、画材など非常にお金がかかる事に気がつき、グラフィックの世界へ。この番組にもゲストで来てくれたm7kenjiさんにドットアートを教えていただいたそうです。ドット絵が怖いというJulie。正体不明の恐ろしさを、たかくらさんのアートから感じるのだとか。ドット絵はフォトショップで制作しているそうで、そのノウハウを聞きメモるJulieでした。ドット絵の他に、絵文字も話題になっています。世界的な共通文字で、言語が通じなくても絵文字だけで会話が出来ると、絵文字の魅力を語っていただきました。

 

 

ゲームを作るのが夢だったという、たかくらさん。現在、任天堂3DS向けに『摩尼遊戯TOKOYO』というシューティングゲームを開発中です。なんと3人で作っているのだとか。このゲームは、7/9(土),10(日)のBitSummitにて、任天堂ブースから試遊版を出展します。詳しくはtwitterをチェック!

 

 

【twitter】

https://twitter.com/takakurakazuki?lang=ja

 

 

Recruit 第7回 1_wall グラフィック ファイナリストなど、数々の受賞歴もあるたかくらさん。「KAI-YOU」では以前ゲストに来られたm7kenjiさんとの対談もおこなっています。

http://kai-you.net/article/16080

 

そして、演劇集団「範宙遊泳」のアートディレクターとしても活躍!

http://www.hanchuyuei.com/top.html#about

 

今後の活動が楽しみです。

 

 

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事