WRITER /
KINGトシ
CATEGORY /
ラジオ

20152/27

【ブログ-銀座】おにぎりダイエットとは!

食育子の「GOHANにせん?」★今旬:「えごま油」の栄養と食べ方を紹介★体質改善・健康宣言:おにぎりダイエットの方法と注意する点は?

2月27日の「GOHANにせん?」。花粉症の季節ですね~以前気合で花粉症を治したという食育子さん。免疫力を下げないように規則正しい生活を送りたいものですよね。

 

★今旬★

今回紹介した食材はえごま油

 

テレビ番組で認知症予防によいと紹介されて話題になったという「えごま油」。現在売り切れで手に入らない方も多いそうです。食育子さんの感想は、ちょっと食べにくくて、青魚のような香りが特徴的だとか。

 

そしてその栄養で代表的なのが必須脂肪酸の中のn3系脂肪酸である「αリノレン酸」です。αリノレン酸の働きとして、血栓がつくられるのを防ぐ、血圧を下げる、アレルギーを抑制する・・・と様々な働きを持ちます。また、αリノレン酸は体内に入るとDHAやEPAに変換され、動脈硬化や心筋梗塞を防いだり、脳の働きを高めるなどの効果もあります。

 

【おすすめの食べ方】

・加熱せずに、サラダやパンにかける

・スープや味噌汁に飲む前かける

・スムージーなどに入れる

・マヨネーズにまぜる。

・卵かけごはんに混ぜる

(火は通さずに使いましょう。)

 

【大事なのはバランス】

えごま油ばかりとるのではなく、大事なのはバランス(比率)です。

n6系脂肪酸とn3系脂肪酸の割合を4:1にする。といっても、難しいと思いますので、揚げ物や普通のドレッシング、マヨネーズ、ポテトチップスなどの油が多い食品を減らし、えごま油を一日ティースプーン1杯くらいとるようにするとその比率に近づきますよ。

 

 

 

体質改善:健康宣言★        

今回は話題の「おにぎりダイエット」を紹介しました。

 

「おにぎりダイエット」は麺やパンなどの炭水化物を食べずにご飯(おにぎり)をメインで食事をする方法。体内環境が生まれ変わる3週間を目標に行うそうです。(3週間以上はやらないようにしましょう。)また、すでに痩せている方には効果がないので、肥満の方に適しているといいます。

その方法とは・・・

・白米2合分のおにぎりを1日3回から4回に分けて食べる

・おかずは野菜がメイン。

・肉や魚、糖質の多い果物やアルコールはNG。

・油分が含まれるドレッシングは避ける

・おにぎりの具はおかかや梅干しなど低カロリーなものを使用。お米以外の炭水化物はとらない。

・運動もなるべくしない

 

【おにぎりダイエット!食育子の見解は?】

これ、結局和食を食べましょう!ってことなのではないでしょうか。和食を食べよう→おにぎりダイエットとする事でシンプルに考える事が出来るといいます。

気になった点は・・・

・たんぱく質をもっと摂取した方がよいのでは?たんぱく質をとらなければならない方にはオススメ出来ません。

・3週間はちょっと長い?

・白米だけでなく、玄米や雑穀米を取り入れる事で栄養をとりたい。

 

和食をうまく取り入れて健康宣言しましょう!

 

 

=====================

食育子の『GOHANにせん?毎週金曜日 14:00~16:00 On Air

ご試聴はこちらから⇒http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

 

 

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0