WRITER /
森田大二朗
CATEGORY /
ラジオ

コーヒーに柿?リンゴバター?大阪長堀橋 Knopp に立ち入る!?

「スペシャルティコーヒー&ミクソロジーカフェ Knopp」 最近たまに耳にするミクソロジーとは一体何なのか!?とりあえずまずはこの問題。

例によって超個人的見解を含みすぎる前置き

こんにちは、カフェ野郎 森田です。

最近内容よりも前置きが長いとご注意をうけますが、気にせずいきましょう。

本日のテーマは「犬派か?猫派か?」。

 

 

このゴールの見えない不毛なテーマに、一体どれくらいの人々が踊らされてきたことでしょう。今日はこの人類普遍の問題に論理的思考からアプローチしてみたいと思います。

 

まずは犬派の気持ちを想像してみます。

犬は従順です。散歩に行けます。散歩に行けば公園にはたくさんの愛犬家さんたちがいます。同じ話題があるので見知らぬ愛犬家さんとコミュニケーションをとるのも簡単です。毎日のことですからすぐに仲良くなります。愛犬家のお姉さんは美人です。間違いありません。毎日散歩に来ているということは彼氏がいない可能性も高いです。

「誕生日はいつですか?いえ、わんちゃんではなく、あなたの!」決まり文句はこれしかありません。

もはや犬を飼わずにはいられません!

 

次に猫を飼った場合のシミュレーションです。

猫はといえば勝手です。散歩どころか寄って来ないこともしばしばあります。かと思えば来てほしくないところに限ってやってきます。机の上や棚の上だって安全ではありません。せっかく洗った鍋には入るし家で一番暖かいスポットは占領されます。だがしかし!猫にはそんなことがどうでもよくなる一撃があります。

「終電までまだ時間あるね。もう一軒行く?それともうちの猫 見に来る?」

これで猫を選ばない女子がいることでしょうか?

やはり飼うなら猫しかありません!

 

両者の言い分を論理的に考察した結果、つまり犬は出会いの入口に多大なアドバンテージがあり、猫は じれったい関係のフィニッシュに決定的な破壊力を持つ、ということがわかりました。

大切なのは、犬派猫派はアプローチは違うけれども最終的に「異性との出会い」という同じゴールに向かっている点で、同じミッションを共有する仲間だということです。

 

ちなみに入口とフィニッシュの中間点、「知り合って長いけどまだデートに誘えないタイプ」の君に最適なペットは何か?今回の「coffee x table」はそんな誘えない派の方々へオススメのペット「チンアナゴ」をご紹介いたします。

 

※画像では隠れていますがチンアナゴが水槽にいます。

 

「コーヒーと『自由』と私」塚田 奈央さん

ごめんなさい、チンアナゴの番組ではありません。コーヒーでした。

今回は大阪長堀橋にあります「スペシャルティーコーヒー&ミクソロジーカフェ knopp」さんから生放送させていただきました。

 

 

初めての来店だと「ミクソロジーって何だ?何だあの水槽のアレは?」と、店の入口から奥のカウンターになかなか行き着かないお店かもしれません(笑)。

ゲストは同店オーナーであり、ミクソロジスト、バリスタの塚田奈央さんです。とても不思議な空気感のある女性です(画像右側)。

 

※大丈夫です!普段は普通の恰好で出迎えてくれます!

 

バリスタと言えばコーヒーの専門家のイメージですが、塚田さんはお酒の世界からコーヒーの世界に入り、バリスタ、そしてミクソロジストとなったお話を聞かせてくれました。

また塚田さんは学校でバリスタの講師もしておられますので、コーヒーの知識とスキルに関しては後付けどころか専門家です。

 

これはあくまで個人的見解ですが、コーヒーは専門的知識が増えれば増えるほど飲み方がシンプルになってきます。コーヒーの持つ本来の味を極め出すのです。そうやって突き詰めて突き詰めて、コーヒーの本当の「品質」を上げていくわけです。

しかし同時に、突き詰めていけばいくほど立ち入りにくい世界にもなっていくという問題が出てきます。だからこそ入口を広げる役割の人達も必要です。

おそらく多くの専門的分野で同様の問題を持っているのでしょう。先日、歌舞伎が題材に漫画「ワンピース」を用いて賛否両論の論争になったのも、きっとそういう役割分担を自由に発想し、実行した結果のひとつだと思います。

 

クノップのコーヒーメニューには間違いのないのクオリティの定番のコーヒーメニューがあります。そしてコーヒーと柿などの季節のフルーツを使ったミクソロジードリンクがあります。

塚田さんの作ってくれるコーヒーやコーヒープリンはわかりやすくコーヒーの持つ味の違いを教えてくれます。そしてミクソロジードリンクは本当に自由で繊細にコーヒーとフルーツを掛け合わせます。

 

塚田さんのこうしたコーヒーへのオーソドックスなアプローチにも、ミクソロジーの自由な発想の中にも、共通して感じるのは「コーヒーにも酒にも他の液体にも平等に持っている、テーマを表現するためのパーツとしてのリスペクト」でした。

コーヒーの専門家でありながらも、コーヒーはこう飲むという先入観を持たない自由で柔軟な組み合わせは、元々あったコーヒー以外の経験の上にコーヒーの知識を築いた塚田さんだからこそできるアプローチなのです。

 

 

クノップはただのカフェではなくミクソロジーカフェ、塚田さんはバリスタとしてではなくミクソロジストという看板を掲げてはいらっしゃいますが、塚田さんの活動はコーヒーの世界の入口を広げていくことは間違いありません。他のバリスタさん達と同じ「コーヒーの世界を啓蒙する」というミッションに繋がっていることでしょう。

 

クノップのコーヒーミクソロジーは是非もっと多くの人に体験してもらいたいと思います。

ちなみにミクソロジーの詳しい説明は是非お店で塚田さんから聞いて欲しいので、ここでは止めておきますね。

またチンアナゴも是非見に来てください。

 

 

そうそう、放送でも話していた「コーヒーとリンゴバターのカクテル(名前わすれた!)」は最高です!キャンプで飲みたいというより、目の前にキャンプファイアがあるかのような錯覚が見える一杯でした。

 

塚田さん、ありがとうございました。

 

さて次回からは当番組「coffee x table」の放送時間が拡大です!

前回も申しましが、これはゲストの皆さんの話をもっと色々と聴きたいという聴取者の皆さんの声にお答えした結果であり、ダラダラ話すMC二人へのスタッフからのクレームの結果ではありません!

いつも聴いてくれている皆様のお陰です。ありがとうございます。

 

ということで時間拡大に伴い、11月6日放送分から開始時間が少し変わります。

17:00~17:45の放送となります。ご注意ください。

そして次回は野田阪神にあります「アメイジング コーヒー ロースター」さんから生放送です。お楽しみに。

 

プレゼントのお知らせ

クノップの塚田さんから、ショップオリジナルのエコバッグを5名様にプレゼントします。下記のお申し込みフォームより、住所、氏名、メールアドレスを記入して下さい。応募締切は11月5日(木)23時59分まで。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。応募には会員登録が必要です(無料)

または

CoffeexTableへ直接メールでもご応募いただけます。

メールアドレスはこちら。

coffee@soraxmniwa.com

 

店舗情報

営業時間:11:30〜0:00

定休日:日曜日

住所:大阪市中央区南船場1-12-27

電話番号:06-6227-8111

クノップフェイスブック

塚田奈央さんインスタグラム

 

番組情報

放送日時:第1第3金曜日 17:00~17:45

再放送:第2金曜日(第1金曜放送回) 第4金曜日(第3金曜放送回)17:00~17:45

※11月から放送時間が17:00~17:45に変更になります。

MC大野善生(バリスタ)と森田大二朗(カフェ野郎)がお送りする

CoffeexTable〜コーヒーと◯◯とわたし〜

ラジオ聴取はこちら

 

CoffeexTableのPodcast始まる

7月3日から始まったCoffeexTableのPodcastがついに始まりました。 放送時間が合わなくて聴き逃した方、過去の放送がPodcastで聴けちゃいます。

iTunes Storeで「ソラトニワ コーヒー」または「ソラトニワ coffee」で検索してお楽しみください。

ソラトニワステーション情報

  • 番組名:coffee x table 〜コーヒーと◯◯とわたし〜
  • 放送時間:毎週月曜日23時00分~23時45分
  • パーソナリティ:大野善生・森田大二朗
  • 番組紹介文:ソラトニワ梅田・毎月第2月曜日 23:00~23:45放送中(再放送毎月第4週) コーヒーテーブル!バリスタや店長、カフェオーナーなどカフェに携わっている人にスポットを当てて、その魅力やこだわりをたっぷりお届けしていきます!
    1. ラジオTOP
    2. >
    3. coffee x table 〜コーヒーと◯◯とわたし〜

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事