WRITER /
吉田あきら
CATEGORY /
ラジオ

20166/10

紫外線対策はカラフル野菜

紫外線が気になる季節がやってきました。管理栄養士の食育子さんオススメの紫外線対策はカラフル野菜!パプリカのレシピなどをお知らせします。

管理栄養士の食育子さんはお料理が大得意。綺麗に彩られた野菜たっぷりのワンプレートは紫外線対策に効果的。番組ではパプリカを取り上げて、その栄養や効能についてたっぷりと語っていただきました。

パプリカとは

ナス科トウガラシ属の果菜で、ピーマンの一種です。甘みがあり、ピーマンと違って苦味はあまりありません。一般に出回っているパプリカの8割が韓国から輸入されたものです。日本では茨城や宮崎などで生産されています。

パプリカの栄養素

パプリカにはビタミンCが多く含まれています。風邪予防、疲労回復、肌荒れなどに効果的なビタミンです。オレンジ色のパプリカを1/6個、赤色は1/3個で1日に必要なビタミンCを摂取することができます。緑黄色野菜でカロテンが豊富に含まれているので、抗発がん作用や免疫賦活作用(体の免疫を活発にすること)に期待できます。食べると体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

お肌のシミ・そばかすの原因 紫外線

太陽から出る光線は、大きくわけて赤外線と可視光線、紫外線の3つがあるそうです。なかでも、お肌にとって悪影響を及ぼすとされているのが紫外線です。紫外線は過剰に浴びると肌の深部にあるメラノサイトという色素細胞が活性化し、メラニン色素が合成されます。メラニン色素には体内の組織を紫外線から守る働きがあるそうです。が、繰り返し浴びることによりメラニン色素が皮膚の内側に沈着することでシミやそばかす、ほくろなどのトラブルが生じるのだとか。

紫外線にはパプリカを!!

食育子さんのオススメ紫外線対策は、『カラフルな野菜を食べる』『日焼け止めを塗る』『日傘と帽子とサングラス』です。目から紫外線を体内に入れると、脳が紫外線に反応してメラニン色素に働きかけるそうです。なので、日差しの強い時はぜひサングラスを利用しましょう。カラフルな野菜といえばパプリカですよね。ラタトゥイユ・肉詰め・おひたし・マリネ・チンジャオロース・パスタ・サラダ・天ぷらなどでいただきましょう。

ーーー ーーー ーーー ーーー

ごはんであなたの体質改善。管理栄養士が不摂生な生活に喝!

『食育子のGOHANにせん?』』毎週金曜日 14:00~15:30 On Air

■ご試聴はこちら

>>>http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

■食育子さんのHPはこちら

>>>http://ikofood.com/index.aspx

ソラトニワステーション情報

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事

紫外線対策はカラフル野菜

20166/10

14:00-15:30

紫外線対策はカラフル野菜

0