WRITER /
くまがい
CATEGORY /
ラジオ

20162/7

映画『ホテルコパン』の門馬直人監督登場!

2月7日の「BABEL RADIO」。本日は、映画監督・プロデューサーの門馬直人さんをお迎えしました。

2月7日の「BABEL RADIO」。今日は、アベラヒデノブと藤井道人でお送りしました。

 

2016年の出演は初登場。

先週まで、台湾に2週間ほど武者修行へ行っていた藤井さん。

食があまり合わず、台湾生活は大変だったようですが、無事に日本に戻られました。

 

 

さて、今日は2月28日に発表になる、アカデミー賞。

監督賞と作品賞のノミネート作品について、すでに観た作品やこれから観たい作品など、お二人にお話ししていただきました。

 

作品賞にノミネートされている、映画『レヴェナント 蘇えりし者』。

予告編

 

日本では、4月22日公開の『レヴェナント 蘇えりし者』。

一足早く、藤井さんは台湾滞在中にこの映画を見たそうで、英語のお芝居に中国語字幕での鑑賞。

映像だけでも十分楽しめたそうですが、日本で公開になったら、また観に行きたいとおっしゃっていました。

 

また、この映画の監督、アレハンドロ・G・イニャリトゥ。アカデミー賞・監督賞にもノミネートされています。

『バードマン』の監督もつとめたイニャリトゥ監督。藤井さんもアベラさんもほんとに、イニャリトゥ監督作品はすごい!と絶賛でした。

 

お二人の気になる作品は、はたして受賞となるのか?

発表まで楽しみに待ちましょう。

 

 

ゲスト 門馬直人さん

本日のゲストは、映画監督・プロデューサーの門馬直人さんをお招きしました。

5年ほど前に藤井さんの作品のプロデューサーを務めた門馬さん。そこからのお付き合いだそうです。最近の作品では、「7s」のプロデューサーも門馬さんです。

 

さて、2月13日から公開となる映画『ホテルコパン』の監督を務めた門馬さん。この作品が、長編映画デビュー作となります。

 

映画『ホテルコパン』

 

東京で教師をしていた海人祐介(市原隼人)は2年前から、長野県白馬村にあるホテルコパンで働いていた。1998年の長野オリンピックで賑わった白馬村も、今では、かつての賑わいが嘘のように閑散としている。

オーナーの桜木(近藤芳正)はあ、オリンピックの時のような活気を取り戻そうと躍起になるのだが、そう簡単に客は集まらない。もう一人の従業員のユリ(玄理)は、そんな桜木を尻目に無愛想に淡々と働いていた。

ある日、スーパーでの「生産者の顔が見える野菜」の販売にヒントを得て、ホームページをリニューアルする桜木。すると、偶然にも数組の宿泊客が訪れることになり、久々の盛況ぶりに喜ぶ桜井だったが、やってきたひとりの女性客の顔を見て、海人は顔をこわばらせ過呼吸に陥る。

その女性・千里(清水美沙)は中学校教師時代に担任した生徒・守(狩野見恭兵)の母親だった。守は中学校でいじめを受けていて海人はいじめから救おうと努力したのだが、努力もむなしく守は自殺をしてしまったのだった。ショックと自責の念にかられた海人は逃げるように東京を離れ、ホテルコパンに身を寄せ、人との付き合いを避けるように働いてきた。

母親の執念というべきか、逃げ出した海人をホームページのリニューアルによってようやく海人を発見できたのだった。千里は滞在中、息子のいじめを知らされなかったこと、そして解決しないまま逃げ出したことについて陰湿に責め立てる。海人は突如、苦悩の日々に引きずり戻されるのだった。

一方、他の滞在者もそれぞれ問題を抱えていた。カップルの美紀(大沢ひかる)と班目(前田公輝)、多額の負債を抱えている宗教団体の教祖・段来示(栗原英雄)と資産家令嬢・ひかる(水田芙美子)、昔は脚光を浴びていた老女優・舟木(李麗仙)とマネージャーの澤井(大谷幸広)。ホテルオーナーの桜木もまた、離婚した妻・美智代(遠山景織子)と娘・歩(山田望叶)と偶然再会してしまう。

 

信じてたものを失い、人生の山場を迎える人々。

その先に待ち受けるゴール、それぞれの見る未来とは…。

 

 

元々、群像劇がとにかく大好きで、自分で映画を撮るなら絶対に群像劇を撮りたかったという門馬監督。

映画『ホテルコパン』の脚本を担当している、一雫ライオンさんに大枠を話したところ、その翌日からライオンさんが脚本を書き始めてこの作品ができあがったそうです。

 

門馬監督から皆さんへメッセージ。

「初めての長編作品。苦しみを解いていく作品を作りたくて作った映画です。いつか、ふっと思い出してもらえるような映画にしたいです。」

とのことです。

皆さん、ぜひご覧ください。

 

2月13日に、シネマート新宿で初日舞台挨拶があります。

詳しくはこちら

http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20160205_13238.html

門馬直人監督をはじめ、キャストの皆様も登壇予定です。

 

また、今年6月には門馬さんが監督、ファンキー加藤さん主演の『サブイボマスク』も公開決定!

こちらもお楽しみに!

 

 

 

BABEL INFORMATION

 

新宿国際映画祭2016にBABEL LABELが参加!


2月11日、13日、14日の3日間に渡り、映画を中心に多分野で活躍する映像団体が競い合い、トーナメント戦を実施。世界最強の映像団体に与えられる「2016年新宿国際映画祭グランプリ」の座を決定。

「新宿国際映画祭2016」の会場であるGYOEN ROSSO 198は、普段は飲食店として営業していることから、映画祭としては異例の「朝から飲み放題」となります。(ただし、上映中は注文受付不可)

https://twitter.com/shinjukuiff

BABELLABELは11日(木)の予選Aブロックでの上映です。

 

 

 

「BABEL RADIO」  毎週日曜日 12:00~13:30 On Air

http://www.soraxniwa.com/radio/player/ginza

ソラトニワステーション情報

  • 番組名:『BABEL RADIO』
  • 放送時間:毎週日曜日12時00分~13時30分
  • パーソナリティ:アベラヒデノブ + BABEL LABELから週替わりで1名登場
  • 番組紹介文:映像制作のディレクターズ・カンパニー、BABEL LABEL(バベルレーベル)の作家や役者が映画監督や俳優、女優などのゲストを招いてお送りする映画ネットラジオ番組。アベラヒデノブに注目。
    1. ラジオTOP
    2. >
    3. 『BABEL RADIO』

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この番組の記事