CATEGORY /
旅行・生活

201510/21

よなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS」が青山にオープン

よなよなビアワークスが青山に登場!クラフトビールで評判のよなよなエール公式ビアバルである「よなよなビアキッチン」が店名も新たに、表参道駅から徒歩1分の好立地に、よりフードやドリンクにこだわり雰囲気のいいビアバルがオープンです。

よなよなエール公式ビアバルがオープン

2015年10月21日(水)株式会社ワンダーテーブルは、よなよなエール公式ビアバル『よなよな BEER KITCHEN』のブランド名を改め、『YONA YONA BEER WORKS』の3号店を青山にオープンします。

 

『YONA YONA BEER WORKS』は、ヤッホーブルーイングの最も多くの種類のクラフトビールを味わうことができる公式ビアバル。

これまでは「よなよな BEER KITCHEN」として営業していましたが、今後さらにビール造りへのこだわり、職人のこだわり、料理のこだわりを感じていただける業態に進化させるために、青山店のオープンを機にブランド名を『YONA YONA BEER WORKS』へ変更する事を決定、この度、『YONA YONA BEER WORKS』のロゴも決定しました。

 

新ロゴのコンセプト

ヤッホーブルーイングのテーマである「知的な変わり者」を意識し、スマートでありながらユニークな要素を加えたデザインコンセプトにしています。

「YONA YONA」には力強い書体を使用し、圧倒的な存在感を与えながらも「BEER WORKS」のフォントはシンプルで手作り感のあるこだわりを意識しています。

アイコンには、よなよなエールや他製品のアイデンティティである「月」を使用し、その背面に夜の時間を表現した「雲」を配するこ とで、より個性的でメッセージ性の強いものに仕上げました。

 

よなよなビアワークスのコンセプト

『YONA YONA BEER WORKS』には、店舗に関わる全ての想いが込められています。ヤッホーブルーイングで 醸造する人達、その彼らが心を込めて造った「よなよなエール」をはじめとするクラフトビール。そしてクラフトビールやそれに合う温かみのある料理を提供するシェフとスタッフ。

『YONA YONA BEER WORKS』には、そん な職人達のこだわりを味わってもらいたいという想いが込められています。 

YONA YONA BEER WORKS 青山店

青山店では、「よなよなエール」や「水曜日のネコ」等の定番商品はもちろん、ここでしか飲むことが出来ない限定醸造ビールを随時ご用意。

フードはオリジナルソーセージの種類を赤坂店や神田店より増やし、最大15種類のクラフトビールとのマリア―ジュをお楽しみいただけます。また、福島県産の伊達鶏を使用したローストチキン や肉の旨味を閉じこめたジューシーなスペアリブ等もご提供。

店内には古木を使用し、クラフトマンシップが感じられるような温かみのある雰囲気の店内にはカウンター席をメインに、グループでも使用できるテーブル席もご用意。場所は表参道駅から徒歩1分。

待ち合せや終電近くまでお酒を楽しみたい方に最適なお店です。

 

また、赤坂と神田の店舗も同じくYONA YONA BEER WORKSと改名するとの事。

 

さらに、オープン記念のイベントを開催し、21日、22日、23日にご来店した方には「僕ビール、君ビール。」の無濾過を1日1樽まで限定販売するので、ビール好きなら押さえておこう。

 

YONA YONA BEER WORKS 青山店

住所: 東京都港区南青山 3-18-20 松本ビル B1

TEL: 未定

オープン: 2015 年 10 月 21(水)予定

予約受付: 10 月上旬予定

参考URL: http://www.yonayonabeerkitchen.com

規模: 24 坪 店内 52 席(カウンター11 席)

想定客単価: ディナー3,800 円

営業時間: 16:00~23:30(LO22:30 ) 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このライターの新着記事