CATEGORY /
映画

20172/25

『0円キッチン』映画公開記念!料理開拓人堀田祐介氏のトークショー開催が決定

廃棄食材の再利用をテーマにしたエンタメ・ロードムービー『0円キッチン』が2月18日からシネ・リーブル梅田で劇場公開になりました。この『0円キッチン』公開を記念して、料理開拓人として活躍する堀田祐介氏のトークショー開催が決定。常日頃から全国各地の食材に触れる堀田氏は、世界で増え続ける廃棄食材について何を想うのか!?トークショーは2月25日(土)12:45の回終了後から。

トークショー概要

日時:2017年2月25日(土)

時間:12:45の回上映後

場所:シネ・リーブル梅田(梅田スカイビル3F・4F)

料金:一般(1,800円)/大学・専門生(1,500円)/高・中・小学生(1,000円)

※TCGメンバーズ会員割引(1,300円)

料理開拓人、堀田祐介氏

「食べることは生きること 生きることは暮らすこと」

自ら生産者の元へ赴き生産者の暮らしを知り寄り添いながら食の本質を生活者へ届ける料理開拓人。食の安心・安全だけでなく、美味しく楽しいことを自らのアートの完成を活かした「foodscape!」で表現し、五感を通じて食に向き合う空間を創出。

独自のネットワークを活かし地方創生を支援する商品開発や店舗プロデュースを手がける一方、食と音楽から食べることへの楽しさに向き合うライブパフォーマンスイベント「EATBEAT!」や、子どもたちと食の未来を考える「種から育てる子供の料理教室」など、食べることの本質を伝える活動の開拓は続く。

2015年6月にfoodscape!bakery/caffee/cateringのオリジナルショプとアトリエキッチンが大阪の福島区にオープン!2016年4月1日に大阪市立中島図書館に北欧デンマークのオープンサンド専門店「スモーブローキッチン中之島」をプロデュース&運営中。

『0円キッチン』作品紹介

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人のダーヴィド。植物油で走れるように自ら改造した車に、ゴミ箱でつくった特製のキッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発。各地で食材の無駄をなくすべく、ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会いながら、食の現在と未来を照らし出していくエンターテイメント・ロードムービー。

監督:ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ

脚本:ダーヴィド・グロス

撮影監督:ダニエル・サメール

編集:マレク・クラロフスキー

音楽:ジム・ハワード

制作:ミスチフ・フィルムズ

制作協力:STWR/ARTE、ORF

プロデューサー:ラルフ・ヴィザー

原題:WASTECOOKING 

配給:ユナイテッドピープル

(C)Mischief Films

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このライターの新着記事