CATEGORY /
映画

201512/19

ロマンチックでお洒落な珠玉のラブコメディ『マイ・ファニー・レディ』が12月19日(土)よりシネ・リーブル梅田ほか、全国ロードショー!!

オーウェン・ウィルソンとイモージェン・プーツの2人が贈るロマンチックでオシャレな笑って泣けるラブストーリー。巨匠ピーター・ボグダノヴィッチが13年ぶりにメガホンをとった、誰もがハッピーになる物語で寒い冬を楽しみましょう。

ひょんなことから訪れた、一夜にして人生が変わる瞬間...。奇跡のワンナイト・ラブは珍騒動の幕開けだった!!

今回ご紹介する映画はクリスマス・シーズンにぴったりの抱腹絶倒ラブコメ映画『マイ・ファニー・レディー』です。デートや女子会、ママ友会で是非ともチョイスしてほしい徹頭徹尾ハッピーでファニーな作品になっています。

 

主人公の「浮気性だけど憎めないイケメン演出家」を演じるのは、本作のプロデューサーであるウェス・アンダーソンと大学時代からの親友 兼 共同映画製作者であり、『ミッドナイト・イン・パリ』での主演が記憶に新しいオーウェン・ウィルソン。

「底抜けに前向きでキュートなコールガール」を演じるのは、26歳の注目株イモージェン・プーツ。

他にも「患者の話をまったく聞かないセラピスト」、「探偵を雇ってまでストーキングをする老人」など等、一筋縄ではいかない愉快な面々が登場します。

 

 

2人を中心に物語は進みますが、無関係に思えた登場人物たちがどんどん繋がっていく展開はスリリングでエキサイティング。

 

往年の名作『ショート・カッツ』や『マグノリア』を彷彿させますが、これらの作品と違ってクライマックスで登場人物全員が一堂に会するところが良いですね。まさに大団円って感じで微笑ましいです。

 

どんな映画にも大抵、鑑賞者が嫌悪感や敵対心を抱くようなキャラクターが何人か登場するものですが、本作にはそういう「イヤなやつ」が一人として登場しないのが味噌です。

どうしようもない人ばかりですが、みんな憎めない連中なんです。けれど一人ひとりがクセの強い問題児ばかりですから、登場人物が増えるごとにトラブルやアクシデントが連鎖的に巻き起こります。『ビッグ・リボウスキ』みたいな感じですね(笑)

悪役や憎まれ役に頼らず、「おもしろいキャラクターが集まれば、おもしろいストーリーが生まれる」という魔法のアンサンブルを堪能してほしいです。

 

巨匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督の13年ぶりとなる本作ですが、プロデューサーとして『グランド・ブダペスト・ホテル』で監督を務めたウェス・アンダーソンと『マダガスカル3』で脚本を担当したノア・バームバックが参加しているところがポイントです。

実は過去にこの2人、PINK FLOYDが大々的にフィーチャーされたホームドラマの大傑作『イカとクジラ』や、評論家からも観客からも大絶賛を浴びたアニメ映画『ファンタスティック Mr.FOX』でもタッグを組んでいる旧知の仲。

2人ともピーター・ボグダノヴィッチ監督からは「息子」と呼ばれて慕われてるようで、本作『マイ・ファニー・レディ』は親子同士が手を取り合って作った映画とも言えます。

きっと良い雰囲気の中で撮影が進んだのだろうと思ってしまうほど、全編通して明るくPOPな内容に仕上がっています。

 

1億ドル超の大ヒット作品を連発しまくっているジャド・アパトー&セス・ローゲン一派の登場によって、ここ10年のホームドラマ&コメディ映画は少なからず変貌したかと思います。

登場人物たちのプロフィールは観客にとって身近なものになり、ストーリーの設定も親近感をより一層感じれるものが増えてきました。

この『マイ・ファニー・レディ』はそんな中にあって、多くの人にとって「別の世界の話」とも言える、華やかなショービズ業界を舞台とした作品です。

それなのに遠い世界の話とは思わせない絶妙な距離感が素晴らしいです。男と女が織りなす普遍的なユーモアが活きており、和気あいあいと鑑賞できるはずです。

 

ラストシーンでは、あの「某超大物映画監督」がまさかのカメオ出演!しかも本人役!いきなり出てきてビックリしましたが、東京国際映画祭での上映時は場内大爆笑だったようです(笑)

 

 

93分という尺なので、サクッと観れるのも嬉しい逸品です。

 

公開情報

監督 ピーター・ボグダノヴィッチ

製作 ウェス・アンダーソン、ノア・バームバック

音楽 エドワード・シェアマー

編集 ニック・ムーア

出演 オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、キャスリン・ハーン、リス・エヴァンス

ウィル・フォーテ、ジェニファー・アニストン

配給:彩プロ 2014年/アメリカ/93分/アメリカンビスタ/5.1ch

 

【シネ・リーブル梅田】 12月19日(土)〜

所在地:〒531-6003 大阪府大阪市北区大淀町1-1-88梅田スカイビルタワーイースト3・4F

電話番号:06-6440-5930

FAX番号:06-6440-5932

Eメール:cl_umeda@ttcg.jp

シネ・リーブル梅田 公式HP

 

【シネマート心斎橋】  12月19日(土)〜

所在地:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-6-14ビッグステップビル4F

電話番号:06-6282-0815

シネマート心斎橋 公式HP

 

(C)STTN Captial, LLC 2015

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このライターの新着記事