CATEGORY /
イベント

20164/16

アップルストア銀座でEarthDay2016イベント開催

校舎を持たないソーシャル大学、アースデイ大学は、月の魅力をスペシャリストのトークとテクノロジーを融合させ再発見していくトークイベント「月詠み人になろう」を、2016年4月16日(土)、アップルストア銀座にて開催する。

女性専門家の視点から「月」の魅力を再発見

校舎を持たないソーシャル大学、アースデイ大学は、フリーアナウンサーの石井和子氏、宇宙航空研究開発機構の大竹真紀子氏参加による、月の魅力をスペシャリストのトークとテクノロジーを融合させ再発見していくトークイベント「月詠み人になろう」を、世界イベントEarthDayにちなんだ2016年4月16日(土)、アップルストア銀座にて開催します。

 

フリーアナウンサーの石井和子氏は、紫式部を例に平安時代の「月詠み人」を紹介。宇宙航空研究開発機構の大竹真紀子氏は、月の起源と進化について語ります。また、アースデイ大学の生姜塚理恵代表を交えた、月と共に生きる豊かな地球ライフを考えるトークセッションのほか、「月読君」など月を観察できるiPhone/iPadなどで使えるiOSアプリも紹介。更に、月にまつわる源氏物語の一節を石井氏の朗読も予定されています。さまざまな視点から語られる「月」の話を楽しみながら、月の魅力が再発見できるトークイベントです。

 

プログラム
 地球のこと・日本のことを、「月」を通して知る・考える
・源氏物語(平安の気象予報士「紫式部」)の視点から/講師 石井和子(日本気象予報士会 顧問)
・月面探査(未来に繋がるプロジェクト)の視点から/講師 大竹真紀子(JAXA宇宙開発研究所)
 
主催:アースデイ大学
協力団体:Apple Store,Ginza、JAXA宇宙航空研究開発機構 


石井和子 プロフィール
日本気象予報士会 顧問、フリーアナウンサー。学習院大学文学部仏文科を卒業。1968年 TBSへアナウンサーとして入社、3年後フリーに。気象予報士。元日本気象予報士会会長、現在は顧問。著書『平安の気象予報士・紫式部』で第25回日本文芸大賞研究優秀賞を受賞。学術博士。「石井和子・白山朗読の会」を主宰。毎年“朗読ライブ”を開催し文芸気象などを軸に活動。

 

大竹真紀子 プロフィール
JAXA(宇宙航空研究開発機構)宇宙科学研究所 太陽系科学研究系所属(助教)。2007年に打ち上げられた日本最初の大型月探査機である月周回衛星「かぐや」に搭載した観測機器であるマルチバンドイメージャの開発責任者を経験し、その後「かぐや」により取得した探査データを使って、月がどのように誕生したのかを調べる研究を行う一方、小惑星探査機「はやぶさ2」や将来に向けて検討中の月探査計画など、さまざまな探査に参加している。何十億年前の古い石が大好き。

 

【関連記事】

海風に包まれながら、プールで音楽を楽しむ“ゆるフェス”誕生!
書店、出版の街『神保町』でデザインイベント。書泉が開催する『Pages』に注目。
春はヨガ&アサイーボウルとで体の中からキレイに気持よく過ごそう!
 

イベント概要

Earth Day 2016特別講座@AppleStore,Ginza「月詠み人になろう」

 

日時:2016年4月16日(土)14:00開演/15:00終了


会場:アップルストア銀座(東京都中央区銀座3-5-12) 

 

出演:
・石井 和子(フリーアナウンサー、日本気象予報士会 顧問)
・大竹 真紀子(JAXA 宇宙航空研究開発機構)
・生姜塚 理恵(アースデイ大学) 

 

定員:100名様(限定)

 

チケット:参加費用無料 

 

※ご注意
・予約はアップルストア銀座のホームページ、またはApple Store Appから。
・指定席ではございません。受付順にご入場いただきます


アースデイ大学 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このライターの新着記事