WRITER /
MediArt

20176/36/11

滋賀県初開催!にしのあきひろ『えんとつ町のプペル』光る絵41点が長浜市木之本にやってくる!

絵本「えんとつ町のプペル」は、完全分業制やクラウドファンディングなどのアプローチで制作に4年半を費やした絵本で、Amazonの人気書籍ランキングで1位を記録。絵本は1万部売れたらヒットと言われる中、既に29万5000部(2017年4月27日時点)が売れています。

現在29万5000部(2017年4月27日時点)を売り上げる、キングコング・西野亮廣(にしのあきひろ)氏作の絵本「えんとつ町のプペル」。その絵本が41点の光る絵になって6月3日から6月11日まで、長浜市木之本にやってきます。イベント初日は西野さんのトークショーもあり盛り上がる事間違いなし。

 

なぜ?滋賀県の長浜市木之本で開催しようと思ったのか?

木之本を「本」のマチにしたい!というのが理由です。もともと、木之本には現存する県内最古の民営図書館「江北図書館」があり、古くから本を愛する郷土性が育まれてきました。

北国街道にも、本屋が2軒、古本屋が1軒並ぶほか、最近では、自身の蔵書を解放するお宅もあります。もしも、ひとりあたりが大切にしている本の冊数を計る数字が存在するのなら、きっと胸をはれる結果が得られるはずです。でも、木之本の人が「本」を愛していることは、これまで、なかなか周知されるきっかけがありませんでした。そこで、今回2017年6月にキングコング西野さんの絵本「えんとつ町のプペル展」をメインとし、本の読み聞かせや、ひと箱古本市など、「本」をテーマにしたイベントを開催する事にしました。

にしのあきひろ トークショー(6月3日)

イベント初日の6月3日(土)、木之本スティックホールにてトークショーを開催します。テーマは「にしのあきひろが考える本のカタチ(未来)」を予定してます。西野さんは現在「しるし書店」という、自分が読んで気になった部分に自分で自分なりの”しるし”を入れた本だけを取り扱うサービスを作っています。例えば同じ本でもソフトバンクの「孫」さんが読んだ本の方が価値があるし、知りたいと思います。本の付加価値の需要と共有を繋いでみるというものです。クラウドファンディングを活用して「えんとつ町のプペル」を制作した話など、約1時間30分予定をしています。

トークショーのチケットはこちら

 

えんとつ&プペルが出現

長浜市木之本のプペル展会場内に高さ約3メートルのえんとつが出現します。中から除くと....

そして、会場内のプペルも見つけて下さい。

パネル展示「えんとつ町のプペルができるまで」

4月29日(土)~5月7日(日)、6月3日からのプペル展会場である、きのもと交遊館でパネル展示をします。

『えんとつ町のプペル』塗り絵ワークショップ

GW(5月5日)こどもの日企画!ブラックライトで光る特別な塗料やクレヨンでルビッチやプペルの塗り絵を楽しみましょう!時間は13:00~16:00で参加費は無料です。※終了。5月5日に開催されました!


ソラトニワラジオ

先日ソラトニワラジオの『大山愛未のAiming my way !』で、えんとつ町のプペル展inみなとみらいの主催者の橋本さんとイベントの告知をさせて頂きました!長浜だけではなく、全国各地で行われています。

「えんとつ町のプペル展inみなとみらい」の詳細はこちら

 

イベント概要

【えんとつ町のプペル 光る絵本展in長浜】
会場:きのもと交遊館
住所:滋賀県長浜市木之本町木之本1118
開催期間:2017年6月3日(土)〜2017年6月11日(日)
開場時間:10:00〜20:00
※状況により営業時間の変更や入場制限をさせていただく場合があります。
入場料:無料

【絵本展開催記念!にしのあきひろトークショー】
会場:木之本スティックホール
住所:滋賀県長浜市木之本町木之本1757-6
開催日時:2017年6月3日(土) 14:00〜15:30(開場13:00)
参加費:1000円

イベントページ

主催
えんとつ町のプペル光る絵本展in長浜 実行委員会
URL
http://jp-ueda.com/

この記事が気に入ったらいいね!しよう