20159/59/13

世界的アートフェス、TodaysArt2015の東京・神戸での開催が決定

世界的アートフェスのTodaysArtが2015年の9月に東京、神戸で開催される事が決定した。昨年のプレイベントでは3日間で8,000人を動員し今年から本格稼働となる世界を感じる必見のアートイベントだ!

オランダ発の世界的アートイベント、TodaysArtが日本で本格開催

 

アジアで初の本格開催として、日本は東京と神戸での2開催となる。

東京は天王洲アイルを、神戸は同じくアートイベントの「神戸ビエンナーレ 2015」との共同開催として規模や期間を拡大して開催される事になった。

 

東京は9月4日(金)に恵比寿のLIQUIDROOM(リキッドルーム)でラウンチパーティを開催、翌日の9月5日(土)〜9月13日(日)まで。

神戸では9月5日(土)に三宮駅すぐそばのtroopcafe(トゥループカフェ)でラウンチパーティを開催し、9月19日(土)〜11月23日(月)の期間で3会期に分けて開催される予定だ。

(第1期は9月19日〜23日で、第2期以降は後日発表)

 

TodaysArt. jp Edition Zero Tokyo

こちらはプレとしてパイロット版の位置づけで開催された2014年をまとめた動画だ。

桜月流の演舞や様々な光を使ったアート、Revengeと題された逆再生の映像、テレビ等のメディアでも話題になっているスケルトニクス等、斬新で最先端なアートを提案するイベントとして好評を博した。

TodaysArt.JP Festival 2014 from TodaysArt on Vimeo.

 

会場は天王洲アイルの寺田倉庫関連施設一帯。

3日間でのべ8,000人を動員し、国内外のメディアで話題となり大きな注目を集め、今回はその本格始動となるため、昨年見逃した人も今年初めてという方も是非足を運んで欲しい。

 

TodaysArtとは

「TodaysArt」はオランダのデン・ハーグ市で、「先端技術で彩られた音楽・映像・舞踏・建築作品群」をキュレーションする、年に1度のフェスティバルとして誕生。11年目を迎える現在、世界で活躍する著名アーティストらが集まる世界有数のアートフェスティバルへと発展し、新たなカルチャーが生み出される場ともなっている。

 

TodaysArt

TodaysArt公式Facebook

TodaysArt公式Twitter

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このライターの新着記事