WRITER /
MediArt

20153/63/24

「銀座 久兵衛」も味わえる!?食とデジタルが融合した「食べるアート展」

日本橋のCOREDO室町の日本橋三井ホールで2015年3月6日(金)~24日(火)まで開催される「食べるアート展」。北大路魯山人が提唱した日本の美食をテーマに、食の世界を最新のデジタル技術と共に体験できます。「銀座 久兵衛」の寿司は絶品です。

日本の美食をテーマに、和食の世界を体験型アートで表現する

3月6日(金)~24日(火)まで開催される「食べるアート展」、場所は日本橋にあるCOREDO室町の日本橋三井ホール。
同展は北大路魯山人が提唱した日本の美食をテーマに、食の世界を最新のデジタル技術と共に体験できます。
私はあの「銀座 久兵衛」の寿司も味わえるということで、行ってきました!お寿司の写真と一緒にご紹介させて頂く。

 

入口付近でまずは魯山人作の皿を、最新技術で精巧に再現し展示しています。

 

メイン会場はこんな感じで春を感じさせる作りになってました。

 

何も載っていない皿の上に映像を映し出す「デジタルプロジェクション」

近づくとこのように映像が映し出されてきます。

 

老舗天ぷら店のカウンターでのもてなしをバーチャル体験

のれんをくぐると..

 

油で揚げる音はかなりリアルでした。ちなみにカウンターの中にも入れますしエプロンも用意されていました。本当にバーチャル体験できます。

そして美食の一品・食のLABORATORYとして、魯山人ともゆかりの深い2店舗が参加。

創業80周年を迎える老舗の寿司店「銀座 久兵衛」と、文化人に愛された割烹旅館 「紀尾井町 福田家」の味を、特別美食券(1,800円)で気軽に堪能することができます。

 

 

ここでは「銀座 久兵衛」を選択しました。会場中央にドン!っと大きなスペースがありまして真ん中には板前さんがいて、寿司を握ってくれます。

 

「銀座 久兵衛」の特別美食件では+1,800円で(マグロ、コハダ)がいただけます。

 

会場にはオシャレなBARもありました。

 

お酒は1枚無料チケットがついていますし、SNS(Facebook、Twitter、Instagram)に会場内の写真をアップすると、更に1杯無用でお酒が飲めるという特典つきでした。開場時間が23時までなので、仕事帰りに立ち寄ることもできそうですね。

ただし「銀座 久兵衛」に関しては21時までなのでご注意ください。

 

また、21日にTERIYAKIのイベントで堀江貴文トークイベントがあるそうですよ。

TERIYAKI presents 堀江貴文トークイベント
3月21日(土)18時30分〜19時30分
登壇者:堀江貴文、福田貴之(紀尾井町 福田家)

 

イベント情報:食べるアート展 L’art de Rosanjin

日程:2015年3月6日(金)~24日(火)
時間:11時00分〜23時00分 ※最終入場は22時30分
料金:入場券 一般1,000円、大学生、高校生、中学生800円、小学生以下600円、3歳以下無料
会場: 東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1 5F 日本橋三井ホール(エントランス4F)

料金
入場券
一般1,000円
大学生、高校生、中学生800円
小学生以下600円
3歳以下無料

特別美食券
美食の一品(銀座 久兵衛、紀尾井町 福田家)
1,800円
※1日限定200名

食のLABORATORY(KEISUKE MATSUSHIMA)
1,300円
※1日限定600名
http://www.timeout.jp/

主催
MediArt
URL
http://jp-ueda.com/archives/1374
メールアドレス
[javascript protected email address]

この記事が気に入ったらいいね!しよう